チェルシー・フィジックガーデンの Snowdrop Days    その2.




イギリスは相変わらずの嵐で、ここ数日はハリケーン並みの強風も吹いています。
先週からとうとうテームズ川も氾濫して、両岸の町や村も水浸し状態に。
うちから少し南に下ったウィンザーの辺りも、浸水状態の場所が多いようです。
私の住む村も、ふもとの辺りは元々は大きな池でしたので、
村に入る道路の一つは池に戻って、通行止めになっています。
浸水した家もあるのだろうと思いますが、
なにしろ大雨と強風の連続なので、殆ど家から出られない状態です。

暗い話題ばかりのイギリスですので、ちょっと明るい話題を。

毎年2月に開かれるロンドンのチェルシー・フィジックガーデンのスノードロップ・デーも、
ここ数年は雪のために行けず、今年はまた嵐のために行けないので、
2009年の Snowdrop Daysの様子を少しご紹介しますね。
(これは、東北の某有名M掲示板にメモリアルとして残して頂いている記事です。)



☆2009年2月14日

2月14日にチェルシー・フィジックガーデンの Snowdrop Days に出かけてきましたので、
みなさまにほんの少しだけ小さな春の兆しをお届けいたします。

フィジックガーデンは、1673年ロンドン薬剤師協会によって作られた
ロンドンで一番古いガーデンで、様々な薬用植物が栽培されています。
日本で言えば、薬草園と言ったところでしょうか。
そんなわけで、ここではスノードロップも薬用植物の一つとして栽培されています。

この薬草園は冬の間は閉園しているのですが、
スノードロップの時期に二日間だけオープンになります。
大きな庭園に比べると、4エーカーと言うこじんまりした敷地ですが、
100種以上のスノードロップが栽培されているとの事。
(いったいどこに100種も植えてあるのかわかりませんが)

昨年は暖冬だったので、訪れた日(2月上旬)にはかなりの品種がすでに開花を終えていた
のが残念でしたが、今年は反対に寒波の影響で随分開花が遅れているようでした。
自然相手のことは、本当にタイミングがむずかしいですよね。
寒波が緩んで、私が出かけた次の週が一番いいタイミングだっただろうと思われますが、
こればかりは仕方がありません。
春を告げる最初の花を楽しんでいただければうれしいです。


a0208116_220388.jpg



Snowdrop Theatreと呼ばれるひな壇です。
オーリキュラのひな壇飾りがよく知られていますが、
スノードロップもこんな展示の仕方がされます。
小さな「雪の耳飾り」が引き立つように、外側はスカイブルーですが、
内側は黒いひな壇にダークブルーのカーテンとスカイブルーのタッセルというシックな設えです。
今年は鉢上げする花も開花が遅れたせいか数が少なく、少々寂しい感じです。

ちなみに昨年はこんな風でした。


a0208116_2203449.jpg



スノードロップは、なんと1000種近い品種があるそうで、
花の形や大きさ、グリーンの部分の入り方などそれぞれ微妙に違いがあって
専門家でも名札をなくすとなかなか判別がつかないとのことです。
日本ではそんなに多くの品種を見ることはあまりないだろうと思いますので、
少しご紹介しますね。


a0208116_2211210.jpg

Galanthus 'Javinia'


a0208116_2215174.jpg

G.'Angles Abbey'


a0208116_2223215.jpg

G.'Will Thompson'


a0208116_223181.jpg

G.'John Gray'


a0208116_2235276.jpg

G.'Lady Beatrix Stanley'


a0208116_2241650.jpg


G.Elwesii'Anglesey'



a0208116_2245495.jpg

G.'Magnet'


a0208116_2252246.jpg

G.'Cordelia'



a0208116_226098.jpg

G.Gracilis



a0208116_22163717.jpg

G.'Lavinia'



スノードロップ以外の冬の植物も少し。


a0208116_227295.jpg


Eranthis  (英名 Winter Aconite)
スノードロップと同時期に咲き始めるので、
庭園などでは一緒に植えられていることが多いのですが、
この花が咲くと辺りがパァーッと明るくなるような冴えた黄色です。



a0208116_2282798.jpg


冬の庭には欠かせないChimonanthus Praecox、  日本でもお馴染みの 蝋梅。
香りが何とも言えませんね♪
ここのはかなり由緒ある古い株のようです。


a0208116_2291166.jpg


Garrya
これは冬のシュラブとしてぜひご紹介したいと思いながら、今まで機会がなかったのですが、
ウォールガーデンの壁に這わせてあるのは大きくなると本当に見事です。
ここのは自然のままの樹形ですが、タッセルがとてもいいでしょう。



a0208116_2210549.jpg


こちらも冬の庭には欠かせないCorylus avellana'Contorta' (英名Corkscrew Hazel)。
これも大きくなると曲がりくねった枝振りが渋くてなかなか味わいがありますよ。
秋にはヘーゼルナッツが生ります。


いつも繰り返し書いていますが、可愛い花だけでなく、
そのバックグラウンドになるシュラブや樹木の良さや面白さにも目を向けてほしいと思います。



a0208116_22105490.jpg


ここのメーンはもちろんハーブですが、今はまだこんな状態です。
また夏にでもご紹介できればと思います。


[PR]

by lapisland2 | 2014-02-15 22:29 | Garden Visit + | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/19469692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード