花の咲かないツワブキ



花の少なくなる時期に、元気いっぱいお日さま色の花を付けてくれるツワブキは、
日本ではとても貴重な花ですよね。
両親の庭には大きな株がいくつかあって、12月になると毎年たくさん花を付けていました。
そして、花のない時期にも艶々した葉っぱはとても存在感がありました。
母は石蕗の茎で時々きゃらぶきを作っていたことを思い出します。

日本では、どこにでもあると言ってもいいありふれたプランツなのですが、
こちらイギリスではその姿を見かけることは殆どありません。
たまに見かけるとしたら、それは大きな庭園の中にある大温室の中です。
耐寒性はかなりあると思うのですが、
こちらの冬にはどうやら耐えられないのでしょう。

うちにある2種類のツワブキも、
そういうわけで観葉植物扱いです。


a0208116_0485785.jpg


こちらは夏場は地植えにしていますが、
晩秋になると、鉢に植え替えて室内で冬を過ごします。




a0208116_0493887.jpg


こちらは、もう何年も同じ大きさでちんまりと小さな鉢に収まっていますが、
やはり冬には室内に取り込みます。


そして、どういうわけか、どちらもいまだに花が咲いたことがありません。
葉っぱが好きで育てているので、
花がなくてもいっこうに構わないのではありますが・・・、
はるばる遠い日本から運ばれて、
環境が合わない土地で、箱入り娘に育てられて、
花を付けないことで拒絶の意志反応をしているのでしょうか。。。


 「石蕗の
  日陰は寒し 猫の鼻」          酒井抱一
   




学名:Farfugium japonicum
英名:Leopard plant Green leopard plant Japanese silver leaf。
和名:ツワブキ(石蕗)


白い縁取りのは F. japonicum 'Argenteum'

黄色い星斑入りは F.japonicum 'Aureomaculatum' AGM

[PR]

by lapisland2 | 2013-12-11 07:00 | Perennial | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/19122603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by baku at 2013-12-10 19:31 x
lapisさん。
こちら、昨日(というか今日)深夜に怖いくらい すごい雷雨で、朝起きたら、枯れ葉をばらまいたように、あちこちが散らかっていました。昼間も晴れてはいたものの風がつよく、つめたくて。ああ年の暮れやなあ、と思いました。
ウチの庭の「黄色」も元気がなくなり、いよいよ色のない庭となりました。(あ、南天の赤があったか〜)石蕗はどことなく陰気な花、とおもわれてるみたいで、俳句もそういうのが多いですね。
でも「老いし今好きな花なり石蕗の咲く」(沢木てい)
なんていうのもあって、共感です。
そちらも本格的な寒さとおもいますが「痛いとこ」冷やさないように大事にしてくださいね。
Commented by lapisland at 2013-12-13 22:55
bakuさん、こんにちは。
そちらも寒くなってきているようですね。
こちらは寒くなるとの予報が外れて、昼間の気温は少し高めなのですが、
ここ数日濃い霧に包まれて、ひどい湿気です。

ツワブキは私には元気いっぱいの植物に思えるのですけれども。
きっとbakuさんもお好きなのではないかしらと思いながら書き込みました。
「老いし今好きな花なり石蕗の咲く」
そのものずばり!
若い時にはツワブキなんて見向きもしませんでしたよね。

ああ、それにしても美味しいきゃらぶきが食べたくなりました。
Commented by するめ at 2013-12-26 17:39 x
Lapisさん こんばんは。
ようやくケーキ作りから本日解放されました。お正月そうそう「ガレット・デ・ロア」を待っている人用にパイ生地を折って終わりにしました。今月は外出も多くあわただしい年の瀬です。
ツワブキからですね。
不思議です。やっぱり合わない土壌がある事がわかりました。
あの太い根茎も冷たいロンドンではつらいのかしら?
5月ごろにはきゃらぶきもつくりましたよ。お醤油のかおりが部屋中に充満して主婦だな~と実感させてくれる煮物ですね。
では、次のヒイラギナンテンへ。
Commented by lapis at 2013-12-28 19:50 x
するめさん、
先日は思いがけずスカイプでたくさんおしゃべりができてうれしいでした。
ただでさえ忙しい年末なのにケーキ作りも重なると大変でしょうけれど、
美味しいケーキを待っていて下さる方たちがいるっていうのは、
作り甲斐がありますよね。

ツワブキだけでなく、日本の東京以西でよく育つものでこちらではだめなプランツって多いですよ。
たぶん冬の寒さと、冬に雨が多いのと土の凍結が多いのとで
根がやられてしまうせいではないかしら。
一番植えたいと思う金木犀はまったくだめですし、沈丁花もうまく育ちません。
それと、日本の植物は酸性土を好むものが多いので、
こちらは石灰質の土壌なので土がアルカリ性ですから、そういうのも難しいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード