10月の庭仕事


記録史上9番目の暑さが続いたと言う夏もはるか彼方に過ぎ去り
(日本人にとっては笑っちゃうような短い猛暑でしたけれどね)、
比較的暖かかった9月も駆け足で過ぎて行き、
本格的な秋到来の10月になりました。
庭ではテリトリーを主張する鳥たちのさえずりが少しずつ響きを増して、
すでに紅葉・黄葉を始めている木々もあります。

野にも街にも木の実やベリーがたわわに生り、
言い伝えではこんな年は寒い冬になるのだとか。
変化の激しいイギリスの天候のことですから、
どんな冬がやって来てもいいように、
寒さ対策なども今月からそろそろ考慮に入れておいた方がいいでしょうね。

そして庭仕事だけでなく、庭に来る鳥や小動物たちの冬支度の
手助けができるような心の余裕も持ちたいと思います。
ここ数年のような厳しい冬になれば、
自然の中で餌を探すのは本当に難しくなります。
秋から春の間だけでも、彼らがサバイバルできるように
餌の補給を心がけて下さればうれしいです。

日本も少しずつ涼しくなり、秋の気配を感じるようになっていることと思います。
秋晴れの下で、庭仕事を楽しんでくださいね。




a0208116_18241589.jpg




☆夏のボーダーの終わったプランツを刈り取って、きれいにする
(空いた場所に、ウォールフラワーやワスレナグサなど早春に咲く花を植えておくと、
11月に植えるチューリップとの組み合わせがうまくいきますよ)

☆引き続き宿根草の株分けをする
(ただし、粘土質の土の所では春に株分けする方がよい)

☆引き続き、お天気のよい日を選んで種取りをする

☆宿根草やシュラブなどの根元を、コンポストや堆肥でマルチングする
(肥料は来春まで与えない)

☆来春用に新しく花壇を作る場合は、今の時期に準備を始める
(土を耕し、コンポストや堆肥を入れる)

☆クライミング・ローズ、ランブリング・ローズの剪定

☆スタンダード仕立てのバラもトリミングをして、
強風に備えて支柱の点検をする

☆黒点病が発生したバラの葉をきちんと処分して、
来年に持ち越さないようにする
(落ちている葉もすべて拾って焼却するか、市町村の収集するグリーンビンに入れる)
そのあと、株周りをコンポストでマルチングする

☆冬に地掘り苗木のバラを植える予定の場合は、
植える場所の土の準備をする

☆ホスタの枯れた葉を取り除く
 
*剪定ばさみで切るよりも、根元から引き抜く方が根が腐るのを防げる

☆引き続き秋植え球根を植える
(チューリップは11月まで待つこと!)

*リスが掘り返すのを防ぐために、
植えた球根の上からワイヤーネットをかぶせるのを忘れずに!
(普通のネットでは喰いちぎってしまうので)

☆ネリネの植え替えや株分け

☆出来るだけ早く耐寒性1年草・2年草の種まきを終える
 (暖かい地方でも、今月末までに終える)
キンセンカやニゲラ、poached egg plant(Limnanthes)など

☆すでに種蒔きをした耐寒性1・2年草の苗を定植する
(ウォールフラワーやワスレナグサなど)

☆クレマチスなど耐寒性クライマーを植える
(まだ土の温かい今の時期に植えておくと、根がよく成長する)

☆常緑のシュラブやコニファーの植え替えが必要なら、
今が最適の時期

☆ヘレボルスの植え付けや植え替え、株分けをする
肥料を与える(リン酸分の多い緩効性のもの)

☆落葉性の垣根の刈り込みをする
(beechや hornbeamなど)

常緑の垣根は最後の刈り込みの時期になる(トリミング)

☆今月から hardwood cutting(硬い部分の枝を使った挿し木)の
時期になるので、トライしよう
(willow 、cornus、スモークツリー、レンギョウ、バラなど)

☆冬に植えつけるバラや樹木の注文を入れる

☆芝生のエッジングをする

☆気温が下がってくるので芝刈りは2週間に1度くらいでよい
ブレードの高さをを4-5cmにする

☆芝生にtop dressing をする
(ロームベースのpotting compostにシャープサンドを
混ぜたものを芝生に撒く  1:1)

そのあと、はげの部分に芝の種を蒔く→軽くrakingしておく

☆耐寒性のないプランツを堀上げてポットに植え替え、
温室やシェルターな場所、あるいは室内に入れる 
(パラゴニウムやコリウス、半耐寒性ヒューシャなど)

☆ダリアやカンナ、グラジオラスなども掘り上げて貯蔵する
(暖かい地方では、ダリアはそのままマルチングをするだけでも
大丈夫ですが、ここ数年のような寒さだと危ないかもしれません)

*カンナ: 根元から15cmくらいで切り、土をつけたまま乾かしてから、
湿らせたポッティングコンポストか砂を入れたポットに植えて、
春まで温室やシェッドなどに置く

☆半耐寒性のバナナなど地植えのプランツも、
ワラを巻いたりフリースを掛けるなどの準備を始める
(ロンドンなど暖かい所では、来月に)

☆ポット植えの半耐寒性ラベンダーの花茎を剪定し、
冬越しさせる場所に取り込む
時々水遣りするのを忘れずに!

☆夏のハンギングなどを片付けて、
冬用のウィンドウボックスやハンギングバスケットを作る

☆温室のヒーターをチェックする

☆種のカタログを取り寄せる

☆ガーデン・ファニチャーを片付けるか、カバーを掛ける


☆集めた落ち葉でleafmould (腐葉土)を作る

☆コンポストの切り返し(フォークで上下を入れ替える事)を
するのを忘れずに!

★コンポスト作りを始めるのに最適の時期ですよ~!♪

(あわわ~、まだコンポスト作りの書き込みしていませんねぇ。。。)





☆池の管理

◎落葉樹の落ち葉が池に落ちるのを防ぐために、ネットを張る

◎ネットの上の落ち葉を取り除く

◎枯れたマージナル・プランツが水中に沈まないように、刈り取る
(水面の少し上の部分で切る)

◎池の周りのプランツの株分けをする(アスチルベ、torolliusなど)

◎カラーリリー(Zantedeschia)などはマルチングで保護する

◎ホテイアオイは引き上げて、泥を入れたポットに移し、
春まで温室などに保存する

◎魚の餌について
水温が10℃に下がったら、低タンパク質の餌に変える
(秋冬用の餌を買い求める)

水温が7度以下に下がったら、餌を与えるのを止める

◎もし、新しく池を作る予定なら、今の時期に準備を始めるとよい 



☆Wildlife

◎庭の片隅に落ち葉や丸太、石などを集めて積んで置くだけでも
ヘジホグ(ハリネズミ)やカエル、虫たちの冬眠場所になる

◎樹木やシュラブにバードフィーダーを吊るしたり、
バードテーブルを設置する

*冬に備えて高エネルギーの餌を用意すること!
ヒマワリなどの種、グレイン、ナッツ類、フルーツ&ベリー、
ドライフルーツ、ベーコン、固くなったチーズ、
フルーツケーキやビスケットなどの残り、ラード、Mealworms など

◎バードテーブルやバードバスをいつも清潔に保つ

◎バードバスや水飲み場の水を毎日取り替える

◎ヘジホグ(ハリネズミ)も冬眠までに栄養補給が必要なので、
餌を準備する




(これはイギリス基準に書いていますので、
日本とは少し違ったところもあります。
質問のある時は、どうぞお尋ね下さい。

また、ご自分のお住まいの地域の気候に合わせて、
庭仕事時期をずらしてくださいね。)


[PR]

by lapisland2 | 2013-10-03 18:28 | 今月の庭仕事 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/18722322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wilmslow at 2013-10-04 12:10
こんばんは♪

10月の庭仕事を読みながら、やることがたくさんあるのに、雨ばかりで外にでることもままならないわ、と空をうらめしく見やる私です(笑)。でも明日は曇りマークで降水確率も低いようなので、明日こそお庭へでてお仕事できるかしら?
買ってきた球根もまだ植えられずにそのままなんですよ。
芝生の手入れもできていないし、ガーデンファニチャーもそのままの状態で雨続き。
こんなことなら晴れている間にすでにガーデンファニチャーはしまっておくのだった、って毎年思って毎年これです(--;)。
Commented by lapis at 2013-10-05 04:29 x
wilmslowさん、こんばんは♪
こちらも今日やっと少しだけ青空が見えて、この週末はなんとか晴れそうです。
晴れの日が少ないと、久しぶりに晴れるとやっぱり出かけてしまうんですよねぇ。。。
今月はいつも以上にやることがいっぱいあるのに、
出かけることが多かったりして、なかなか庭仕事ができないでいます。
これで、11月になるといつも焦るんですけれどね!
私もいつも、雨が降り始める前にやっておけばよかったとか、
寒くなる前にやっておけばよかったとか、そんなのばかりなんですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード