イギリスのウズアジサイは「おたふく」ならぬ「おかめ」さん



日本で見るウズアジサイは、そのほとんどがきれいな水色ですが、
悲しいかな、石灰岩の多いイギリスの地では一部の地域を除いて
ピンク色になります。


a0208116_40976.jpg



これはウズアジサイに限ったことではなく、すべてのアジサイに言えることで、
土の含む石灰の濃度によって、淡いピンクからショッキングな濃いピンクまで、
アジサイと言えば、白を除くとすべてピンクのオンパレードです。
ガーデンセンターやナーサリーで目の覚めるようなきれいなブルーのアジサイを購入しても、
それは酸性土に植えてあるか薬剤処理をしてブルーになっているだけなので、
ひと夏を越すとピンクに変わってしまいます。


a0208116_411477.jpg



なんとかブルーのアジサイを咲かせようと、
こちらに来てから苦節十数年、おそらく数十株のアジサイを買い込み、
あれやらこれやらやってみましたが、今は諦めの境地です。
庭にはできる限りピンクの花を植えたくないと思っているのに、
夏になると大きな「どピンク」のアジサイがボコボコ出現してしまいます。



a0208116_421619.jpg



このウズアジサイに関しては、
普通のモップヘッドのように目立ちすぎる花ではないので、
ピンクでも許容範囲に入るかなと思うようになりました。
と言うよりは、見慣れてしまったのかもしれませんね。




ウズアジサイは江戸時代に作出されたと言われる園芸品種のアジサイで、
別名「オタフクアジサイ」とも呼ばれています。
丸みのある装飾花が、渦を巻くように咲くことがウズアジサイの名前の由来のようですが、
萼片がスプーンやお皿の縁のように巻き上がっているのが特徴ですね。
(面白いのは日本では皿状と表現し、英語では カップとかスプーンと言う表現をします。)       
日本では 通常はブルーの花が咲きますが、
中性土で育てたピンク色の花は 「おかめ」とか「梅花咲き」と呼ばれて、
昔から愛好されてきたとのことです。

それでは、決してブルーにはならないうちのウズアジサイは、
差し詰め「おかめさん」というわけですね。





ところが、なぜか今年は異変が起こりました!
なぜか淡い水色の花が咲いたのです。


a0208116_431817.jpg


春から初夏にかけての異常な雨量が、
土のアルカリ性を薄めてしまったせいではないかしらと思います。


a0208116_441621.jpg






残念ながら、夢にまで見た水色のウズアジサイはつかの間のこと。
9月になってからの花は淡いピンク色に戻ってしまいました。


a0208116_452731.jpg





さて、来年はどんな色になることやら・・・。
再び水色の花が咲く可能性も無きにしも非ず。
ちょっと楽しみになってきました。





学名:Hydrangea macrophylla 'Ayesha'
英名: Hydrangea 'Ayesha'
和名:ウズアジサイ(渦紫陽花) 別名:オタフクアジサイ(お多福紫陽花)





[追記]

*ウズアジサイの花期は、日本では5~6月ですが、
こちらでは8~9月になります。

*アジサイの葉は皮膚炎を起こすことがあるので注意。

[PR]

by lapisland2 | 2013-09-17 04:11 | Shrub | Trackback | Comments(11)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/18624519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by baku at 2013-09-17 09:20 x
lapisさん。おはようございます。こちら台風一過。うつくしい秋の青空の朝です。一昨日夜〜昨日朝まで、これまで経験したことないくらいの豪雨で(実際、関西では川の氾濫もあり被害も大きかったようです)
なんども目がさめたので、昨夜は熟睡しました。

一枚目のウズアジサイの写真、かいらしなあ。生菓子みたい。と「食いしん坊」は、ひさしぶりに菊屋の生菓子とか、たべたくなりました。
数年前にあじさいの学名は"水の器"という意味だと知って、よけいにこの花が好きになりましたが。"お多福さん"もいてはったとは知りませんでした。
Commented by yoyo at 2013-09-17 17:49 x
lapisさん、こんにちは!こちらに来ました。
これアジサイですか!葉っぱはアジサイですけど、花びらの形がリラの花によく似てますね。
ブルーもいいけど、ピンク色って可愛らしいですね。
育ててみたいです。
Commented by lapis at 2013-09-18 04:03 x
bakuさん、こんばんは♪
台風、ひどかったみたいですね。
同じ時に、こちらは秋一番の嵐の通過でしたが、南部は思ったほどひどくならずに済みました。
でも、このごろは毎日雨ばかりで、寒くて寒くて。。。

ウズアジサイ、咲き始めはとても淡いピンクで可愛いですよ~♪
咲き進んだ濃い目のピンクと咲き始めの淡いピンクが交じり合って、それはそれで可愛いのですけれどね。
神戸と言えば、六甲山に咲くブルーのアジサイですからねぇ。。。
ブルーのアジサイに対する郷愁はかなり強いものがあるのです。

一番下の画像は雨上がりに撮ったので、
お多福さんやおかめさんの場合は、本当に「水の器」になっていますよ。

そう言えば、咲き始めの淡い色は菊屋の生菓子にありそうですよね。
異国の地で、なかなか生菓子なんぞ口にすることができない身には、ちと酷な話でござりまするぞ!
こちらでは、和菓子と言えばロンドンの源吉兆庵とパリの虎屋くらいしかないのですから。
あ、寒くなったので吉野の葛湯を頂きましたよ。
ほんのりとした甘みととろみがおなかにも心にも沁み入りました。
おおきに♪

近いうちにスカイプしましょうね。
Commented by lapis at 2013-09-18 04:33 x
yoyoさん、いらっしゃいませ~♪
リラの花...そう言えばそうかもしれませんね。
残念ながら、リラみたいに香りはありませんけれどもね。

yoyoさんの住んでいらっしゃる地方は、やはり石灰質の土地なのでしょうか。
それなら、ピンクの花が咲くのは保障できますよ!
お庭が広いから、大きくなると見事だと思います。
水さえ切らさないようにすれば、病害虫も殆どないですし、育てやすいと思います。
yoyoさんの所も冬は寒そうですから、日本とはちょっと剪定の仕方が違うので、それさえ気をつければ大丈夫です。

そうそう、先日のコメントのバジャーの件ですが、舌足らずになってしまいましたね。
ブログのコメント欄ってどれも短いので、ついつい端折って書く事になってしまいます。
バジャーは夜行性動物で、夜に牧場にやって来て牛の中に紛れ込んで餌を食べるので、それが原因だと言うことなのですけれど・・・
バジャーがTBを媒介するという科学的根拠は定かではないと言うことなのですが、牧畜業者にとっては牛のTBは死活問題になるので、政府も放って置けないということなのでしょうね。
普段は野生動物の保護を叫んでいても、事が起これば、まあそんなものです。

Commented by wilmslow at 2013-09-18 09:43
こんにちは♪
アジサイ、ピンクになってしまうのが、今年は青色になっただなんて、そんなこともあるのですね~。
一枚目のピンクなど色が淡くてとても可憐な感じだと私は思いました(笑)。最後から2枚目の写真は青色のようなラベンダ―色のような、とっても素敵な色ですね。

我が家のアジサイは今秋色になっています♪
Commented by lapisland2 at 2013-09-18 20:07
wilmslowさん、こんにちは♪
そうなんですよ、不思議でしょう。
相方に、「いない間に何かした~?」と聞いてみましたが、
何もしていないとのことでしたので、やはり長雨のせいかしら。

鉢植えの場合は、エリカシアスのコンポストに植えて、
雨水とタンクに溜めている水だけを与えるようにするとかなりブルーになるのですけれど、
うっかり水道の水を与えるとすぐにピンクになってしまいます。
地植えのものは、春先にエリカシアスのコンポストをドレッシングするくらいしかしていないので、
咲き始めは淡いピンクで可愛い色なんですけれど、夏が過ぎるに連れて今年のように猛暑が続くとどうしてもスプリンクラーを回したり、ホースで水遣りをしてしまうので、
8月も終わりになると、どピンクのガーリーな花になってしまいます。
イギリス人の花友などはそれが可愛いということで、挿し木を作ってあげたこともありますけれども。

そちらの土はどうなのでしょうね。
Commented by するめ at 2013-09-21 15:34 x
こんにちは。今日はお隣の田んぼでは稲刈りをやっています。昨日までアレルギーがひどくて、鼻ズルズル、連続の寝起きのくしゃみが止まらない。ついにお薬を飲んできょうは鼻水も止まっています。イネ科のアレルギーなのにお隣が田んぼって酷な話です。
渦アジサイの薄いピンクがかわいいですね。最後の写真がとってもイイですね。今年の夏に近所の花屋さんで変わったアジサイの鉢植えをみつけました。蕾がまんまるで(シャクヤクの蕾みたい)、葉は産毛がいっぱいでした。買おうかと随分と迷ったのですがやめました。大きくなりそうだったので。。。
以前夏のベルンの街で同じようなのをみかけましたが、「コノハナ何?」てことで「情報不足です!」とLapisに叱られそう。 
きっと日本のアジサイと西洋の何かと掛け合わせたものでしょうね。
とにかく毛むくじゃらの植物でした。
Commented by lapis at 2013-09-22 07:09 x
するめさん、こんばんは~♪
あらあら、するめさんもイネ科アレルギーなんですね。
私も日本にいた頃は、ひどかったですよ~!
稲の花の甘い香りがし始める頃からはじまって、目・鼻・耳+頭もボォーッとして。。。
こちらには稲がないのでそれは助かるのですが、イネ科の植物は多いのでこちらでもますますひどい状態になっています。
最悪の時は、まったく匂いが分からなくなってしまいます。
実はこのところひどくて、毎日薬+目薬+鼻のスプレーを使っていますが殆ど効き目無しです。

ウズアジサイの最後の写真は雨上がりに撮ったので、花の中に水滴が溜まっているのがいいでしょう♪

(次に続きます)
Commented by lapis at 2013-09-22 23:51 x
(続き)
この間の掲示板の時も、写真1枚で、「コノハナ何?」でしたが、今回はもっとひどいですねぇ。。。
「蕾がまん丸で、毛むくじゃらのアジサイ」って、まったく「情報不足です!」よ。

それも言うなら、「ビロードのような手触りの灰色がかったグリーンの長楕円形の葉っぱ」とでも言って欲しいですね。
もしそうだったら、たぶん、Hydrangea asperaだろうと思いますよ。
実は私ね、このアジサイがすきなんですよ~♪
でもね、4mx4mとかになっちゃいますからねぇ。。。広い庭園でないと大変なことになってしまいます。
アスペラはヨーロッパではわりとよく見かけますから、ベルンの街で同じようなのをみかけたとおっしゃるのなら、アスペラのどれかだろうと思います。
和名はヒマラヤタマアジサイだったかな。

今日はちょっと目の調子が悪いので、検索してチェックしてからお返事というのをはしょりますので、ご自分で検索してみてください。
当たっていたら、ご喝采。(って、クジじゃないんだから!)

アスペラの蕾は確か芍薬みたいにまん丸だったと思うのですけれど・・・。
咲き始めは、そこからプチプチがいっぱい出てくるという感じ。
Commented by するめ at 2013-09-23 15:51 x
Lapisさんこんにちは。同じアレルギーに悩まされているんですね。その年の体調にすごく関係してるみたいで今年は久しぶりに鼻にきています。で、
「ビロードのような手触りの灰色がかったグリーンの長楕円形の葉っぱ」ナガ! をもったアジサイについて教えていただいてありがとうございます。アスペラ・ヴィローサのほうではなくマクロフィラかサージェンテイアナというのに似ていました。
’08のベルンではなくスタイン・アム・ラインの町を散歩中に庭先で見たアジサイでした。写真もあるので見ていただけたらと思いますがメールに添付しましょうか?それとも掲示板にアップしても良いのかしら?
でも今年花やさんでみたものは花が白っぽかったのですがスイスでみたのはガクのあたりが薄紫でした。
今晩あたりスカイプでお話できたら良いのですが・・・かけてみますね。
Commented by lapis at 2013-09-23 17:43 x
するめさん、
たぶん、アスペラの仲間か近縁種だと思っていましたよ。
アスペラもいろいろあって、葉っぱも花も違うのがあるようですが、
こちらでは学術的な話をするとき以外はたいていアスペラで済ませていると思います。

写真を貼っていただいても、いつも申し上げるようによほど特徴のはっきり出ている写真でない限り、専門家ではありませんので、正確な同定はできませんよ。
植物を同定するのに、ネットで調べる時は、ブログではないサイトをせめて20以上は調べてみてください。
ブログはたいていいい加減なことを書いているので、殆ど当てになりませんよ。
それと名前や分類はけっこうよく変わるので、いつ書かれたものかもわかる方がいいと思います。

スカイプのことですが、お昼前後に電気屋さんがテレビの修理に来ることになっていますので、
ちょうどそちらの「今晩」になってしまうのではないかと思います。
たぶん2時ごろには終わると思いますが、その頃そちらは10時になると思いますがそれでもいいでしょうか。
もしここで修理できなくて持ち帰りになるのならすぐに終わりますので、その場合はこちらから掛けますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード