「ほっ」と。キャンペーン

スイセンノウよりはフランネルソウ




a0208116_20123436.jpg


7月の好天気にスイセンノウが咲き始めて、最盛期はすでに過ぎましたが、
まだ次々と花を付けてくれています。
スイセンノウ(酔仙翁)の名のいわれはいくつかあるようですが、
それよりも花が咲き始めるまでの銀色のうぶ毛の生えたフェルトのような葉には、
フランネルソウという名の方がぴったり来るように思います。


a0208116_20133715.jpg



濃いローズ色の場合も、花が小さいことと、長い茎はシースルー効果があるので、
たくさん咲いても目立ちすぎるということがなく、
周りの花や葉っぱともよく合って、邪魔になりません。
一番可愛いのは、白の真ん中にポッとピンクが入る
‘Angel's Blush’という品種ですが、
これは種取りをして蒔いても同じ花が咲くとは限らないので、
苗が手に入った年だけ植えることになります。

原産地は南ヨーロッパとのことで、乾燥した岩の多い所に生えているのを想像しますね。
多年草ですが、短命なために普通は2年草扱いになります。
適地であれば、こぼれダネで増えますが、
狭い拙庭では無理なので、毎年種まきをします。
種まきは室内では3~4月に、直播をする場合は7~8月に。
こぼれダネで芽が出ている場合は、春もしくは初秋に定植をします。


a0208116_20143823.jpg


花色はローズ色の濃淡、白、白の中にピンクの入るものなどに加えて、
八重のローズ色もあります。
日当たりと水はけの良い場所が最適ですが、
半日陰でもけっこう次々と花を付けてくれます。
乾燥を好むのでドライ・ガーデンに植えられることも多いのですが、
私の経験では水切れすると、すぐに下葉が枯れてしまいます。
7月から9月まで長い間途切れることなく花を付けてくれる上に、
害虫なども殆ど付かないので、手間が掛からない花で、
私のような不精な者にはもってこいの花ということになります。
とは言っても、花期を長くするためには花殻摘みは欠かせませんけれどね。

そうそう、鹿やウサギの出る庭にはぴったりかもしれませんよ。
彼らはこの花には殆ど興味を示さないようですから。


a0208116_20154180.jpg






学名:Lychnis coronaria   AGM
英名:Rose Campion、Dusty miller、Rose cockle など
和名:スイセンノウ(酔仙翁)
別名:フランネルソウ

[PR]

by lapisland2 | 2013-08-22 20:19 | Annual & Biennial | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/18417715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wilmslow at 2013-08-23 14:03
こんにちは♪
Lychnis、フランネルソウの呼び名があることをlapisさんのブログで知りました。我が家の庭にも植えた覚えがないのに、次から次へと増えています。
ウサギも見向きもしないせいでしょうか(笑)?
この辺りの風土にあっているのか何処でも増えるので、近所では嫌われていてLychnisが生えてきたら抜く人が多いんですよ。私はこの小さな花がぽつぽつとたくさん咲く風情が好きなので残していますが、種までつくと翌年とんでもないことになるので、終わりごろには全部切り戻すか抜いてしまいます(汗)。

白いのは素敵ですね~。
本当に、フランネルソウのほうがぴったりの呼び名のような感じです♡
Commented by lapisland2 at 2013-08-24 04:27
wilmslowさん、こんばんは。
広い庭のいいところは、こぼれダネでいろんなものが増えること。
狭い庭では、それができないのが残念です。

フランネルソウ、半日陰だとまばらに咲くのでちょっと野草の感じがあっていいですよ。
あ、最後のいっぱい咲いてる写真は、菜園の端っこのです。
日向だとにぎやかですよね。
ローズ色のはもう引っこ抜いてしまったので、
日陰の隅っこに生えていたのを撮ったので、あんまりいい写真ではないのですけれど。

そちらのカサブランカも終わってしまったようですね。
うちは第2弾、第3弾のが咲きましたので、近いうちに画像を貼りますね。
Commented by するめ at 2013-08-26 16:39 x
Lapisさん こんにちは。今日はすずしいのですよ。びっくりするくらいです。週末に息子が出張で帰ってきてようやく今日の昼過ぎに帰りました。ただいまホットしている最中です。
大好きなフランネルソウにコメントをと思ってブログをみると美しい庭園の写真が載っていました。でもまずはフランネルソウで・・
と思ったら、これまた大好きなエルダーの黒い切れ込みのある葉っぱと実とが写っています。いいですね~。大好きです。フランネルソウもlエルダーも。
Commented by lapisland2 at 2013-08-26 21:21
するめさん、
そちらも少しだけ気温が下がっているようですね。
息子さんは実家でゆっくりされたことでしょうが、
おかあさんはご飯の支度などいろいろお忙しかったことでしょうね。
でも、賑やかな食卓は作り甲斐があるというものです。

フランネルソウのお話、この前のするめさんのコメントに出て来ましたので、
ガーデン訪問の前に入れてみました。
黒いエルダーには実が付いていますが、すでに鳥たちにかなり食べられてしまっているようです。
野生のエルダーの実はまだ緑色のままですが、他のベリー類と同じく今年は鈴なりの豊作のようですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード