ベツレヘムの星


春から初夏まで気温が上がらず雨ばかりのようでしたので、
今年はだめだろうと思っていたのに、
7月になってからの好天気続きに、ベツレヘムの星たちが咲き始めました。



a0208116_1255088.jpg



南米が原産地のこのプランツは、イギリスではコンサバトリーや室内で育てられることも多く、
ロンドンや南部以外ではWalled gardenなどシェルターな場所に植えることになります。
拙庭では風がきつすぎることもあって、少々むずかしいプランツで、
数年前の厳冬に以前に植えていたものは枯れてしまい、これは2代目になります。
今回はセイヨウカナメモチが風を遮ってくれるので、大丈夫だといいのですけれどね。


a0208116_1235272.jpg



こうしてクローズアップにしてみると、
’ Potato vine’ と呼ばれることも多いのがよくわかりますねぇ。
「ベツレヘムの星」と「ツルポテト」だなんて、
同じプランツのこととは思えない表現で、なんだかおかしくなってしまいます。


a0208116_1263424.jpg



大きくなってほしいのは同じベツレヘムの星でも白い星の方なのですが、
こちらの方が更に耐寒性がないのか、なかなか冬越しがうまくいきません。

学名(Solanum jasminoides)が示すように、ジャスミンに似た甘い香りがありますが、
ジャスミンに比べるとずっとマイルドな香りです。
秋までかなり花期の長い花なので、もう少し耐寒性があればいいのですけれどね。



いずれも、他のSolanumの仲間と同じく、
全草に毒性があるので、子供のいる庭では避けたほうがいいかもしれませんね。






学名: Solanum jasminoides              AGM
別名: Solanum laxum
英名: Potato vine,  Star of Bethlehem
和名: ツルハナナス(蔓花茄子)

白花の方は、
学名: Solanum jasminoides var Album      AGM
別名: Solanum laxum Album


[追記]

日本ではヤマホロシという流通名で売られていることもありますが、
それは明らかな間違いで、ツルハナナスは木本ですが、
ヤマホロシ (Solanum japonense) は日本自生の草本の多年草で、花が開くと反り返ります。
ヤマホロシは、秋に赤い実が熟しますが、
イギリスで育てている限りは、ツルハナナスの実は見たことがありません。
いずれにしても毒性があるので、ご注意を。


[PR]

by lapisland2 | 2013-08-04 01:42 | Climber | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/18271353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wilmslow at 2013-08-06 00:13
こんにちは♪
このベツレヘムの星、イギリスに住んでいた庭にありました!
やはり壁際に植えられていました。

実は、我が家のフェンス越しに生えてきた例の紫の花。
花の形が似ているのだけれども、イギリスのは樹形だったしな、と思っていたんですよ。それで紫の花はsolanumの仲間なのかな、と思っていました。Bittersweet(Solanum dulcamara)という名前、教えてくださってありがとうございます。お陰ですっきりしました♡
そして我が家の庭にのびてきたBittersweet、除去することに決めました。

それにしてもさすがlapisさん、色々よくご存知ですね~。
さすが私の庭師匠(すみません、勝手に師匠任命させてもらっていますが。。。)!
これからもどうぞよろしくお願いいたします♪
Commented by lapis at 2013-08-07 00:33 x
wilmslowさん、こんにちは~。
ハナナスとコメントなさっていた方がいらっしゃったので、
庭植えのツルハナナスと自生のヤマホロシを混同されるといけないと思って、急遽この花を取り上げた次第でした。
「日本にも生えていたような・・・」と書いたのは、ヤマホロシのことだったのですけれど、
あの時は名前が思い出せなくって・・・。
Bittersweetはヤマホロシに似ているように思います。

北米には他にもSolanumの仲間がいくつかあるようなので、
はっきりとSolanum dulcamaraとは言えないのですけれど。。。たぶん。
少ない写真からの植物同定というのは、難しいものがあります。

「庭師匠」だなんて・・・買いかぶらないで下さいませ!
私の場合、植えまくっては失敗ばかりを重ねてきましたので、
失敗の経験が人より多いと言うだけのことですよ。
おかげでイギリスで手に入る植物のことにかけては、かなりわかるようにはなりましたけれどもね。


Commented by するめ at 2013-08-12 17:04 x
こんにちは。暑いです。土佐の四万十では昨日気温が40℃を超えたそうです。想像できません!

ベツレヘムの星というんですね。宗教的で何だか崇高な名前がついていますね。私はツルハナナスと呼んでいます。
花をアップでみると薄紫の濃淡があって真ん中の黄色のしべできりっとしてみえます。
いままでこのはなをまじかに見ることがなかったので(たいがい高いところでヒョロヒョロ咲いています。)新たな気持ちで見ようとおもいました。なにしろベツレヘムの星ですから・・・ね!

ついでにお知らせです。
オレンジケーキのレシピをメールに添付しました。お暇なときにコピーしてみてください。
Commented by lapisland2 at 2013-08-13 06:50
するめさん、
関西は本当に暑そうですね!!!
こちらの涼しさを分けてあげたいくらい。
(でも、欧州大陸の方は昨日も猛暑だったようで、
35℃くらいのところもあったみたいですよ。)
夏バテしないようにして下さいね。

実のところは「ベツレヘムの星」よりも「ツルポテト」の名の方がよく使われているかもしれません。
どちらにしてもナス科ですが、日本はナスで、こちらはポテトというのが面白いですよね。
ライラック色のは、本当にナスやポテトの花にそっくりですものね。
白花がすっきりしていて好きなのですが、うちの庭では何回育ててもうまくいきません。

オレンジケーキのレシピ、ありがとうございます♪
するめさんのように上手に焼けるかどうかわかりませんが、トライしてみますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード