ジャングルならぬ原生林!!!


約3ヶ月の日本滞在から帰って来てみると、
庭はいつものごとくジャングルになっていました。
留守中ずっと降り続いたらしい長雨のために、
今回はジャングルと言うよりは原生林と言った方がいいかもしれません。




a0208116_423374.jpg

樹木もシュラブも茂りに茂って、


a0208116_431466.jpg

クレマティスはオベリスクを登り詰め、


a0208116_44175.jpg

日陰には直径1.5mのホスタたちが覆い被さり、


a0208116_445442.jpg

可愛いけれどもちょっと困る野性のフウロソウが至る所にのさばり、


a0208116_46382.jpg

ワサワサ種をつけていたアクイリジアとジェラニウムを刈り取った所だけ
少し隙間ができています。


a0208116_465413.jpg

こじんまりしたスタンダード仕立てのはずの月桂樹はぼさぼさ頭になり、
アーチの上にはオーナメンタルグレープが天に向かって伸びています。


a0208116_474690.jpg

ジャパニーズパティオに続くアーチのクレマティスは、
写真では見えませんが、実はリンゴの木の天辺まで駆け上り、
足元には直径1m以上の羊歯たちが大きな葉を広げています。
うちの庭で一番数の多いプランツが羊歯ですので、その数は大小合わせて50以上!
葉っぱと葉っぱが重なり合ってジェラシックパークに変身し、
羊歯の下敷きになったプランツは滅亡の運命を辿っています。


a0208116_484174.jpg

くねくねハシバミは、道具入れの小屋を覆い隠し、


a0208116_4929100.jpg

ジャパニーズパテイオの小山は伸び放題のシュラブ(盆栽仕立てのはず)に占領され、

a0208116_4102567.jpg


後ろのウィステリアは野生に戻って、蔓は数十メートルの高さまで駆け上っています。
(裏の家はえらい迷惑をしていることでしょう。)


a0208116_4112092.jpg

一見すっきりしているように見えるこの辺りも、
ヒービーは3mの頭上に花を咲かせ、
写っていない反対側はライラックやマグノリアが葉を広げて、
鬱蒼とした林になっています。



a0208116_4121555.jpg

いつもならば、新竹が伸び始める前に古い竹を切って整理をする黒竹も
新旧入り乱れて伸び放題のぼさぼさ。
狭い庭にこれくらいの茂みが3箇所もあるので、
庭の一部は竹薮そのものです。




はてさてどこから手をつけたらいいものやら。。。

おまけに帰って来て以来、こちらイギリスも連日の猛暑が続いています。
眼の手術のあと、紫外線を避けないといけないので、
庭仕事もそうそうできません。




そして、もっと大変なことが庭に起こっていたのですが。。。

それはまたいつか別の時に。

[PR]

by lapisland2 | 2013-07-20 04:30 | 四季の庭 | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/18132621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wilmslow at 2013-07-20 12:13
こんにちは。

こ、こ、これは本当にすごいことになっていますね(汗、汗)。
lapisさんのお庭の植物。
こうして見ると、なんだか野生化して自由奔放に振るまっている生き物のようにも見えますね。
しかし、これを元の形に戻すことを考えたら、ふっと眩暈がしそうというか、もうやけっぱちになってしばらくこのままで過ごしてしまうか。。。。

くれぐれもお疲れがでませんように、ほどほどに。
いえ、眼を守るためにもお庭の手入れは秋以降に。
いや、いっそのこと冬になって枯れるまで待つとか如何でしょう。

お近くでしたらお手伝いに参上しますのに。。。

それにしても続きも気になる記事ですが、続きは眼のお疲れがでないようにということで、首をなが~~くしてお待ちしています♪
Commented by wilmslow at 2013-07-20 12:26
あぁ~、ごめんない。
写真に見惚れて(笑)、コメント書き忘れた一件がありました。

チューリップはlapisさんがおっしゃる通り、やはりこちらでもウィルス性の病気にかかります!
芽が出て花が咲き始める前まで雨が多いせいなんでしょうか??
葉っぱに茶色の点が現われはじめたら、もう後は悪くなるだけなんですよ(涙)
Commented by baku at 2013-07-20 14:18 x
わああ・・・(あとは無言)でも、森のような庭、わたしはすきです。
どうぞご無理のないように、暑いときは特にゆっくり(してられへんかも、ですが)してくださいね。こちら、今日は朝方けっこう涼しくて夏休みのおわりみたいやねえ〜とこんな句をおもってたりしたのに『足音のすずしい朝や胡麻の花』(松村蒼石) 午後から、暑いのナンの。出かけるのにも勇気が必要なくらいの猛暑です。
また(ほんとうに)凉しくなったら、お花の記事みせてくださいね〜
(返信不要便なり)
Commented by lapis at 2013-07-21 03:42 x
wilmslowさん,こんばんは。
本当にいやはやなんともの状態でしょう。
これでも一番ひどい所は撮っていないんですよ~。
毎年日本から帰って来るとジャングル状態なので、慣れてはいるのですが・・・。
そのためにできるだけ長期滞在の時は冬に帰るようにしているのですが、今回はそういうわけにも行かなくて。。。
4月~6月末まで殆ど雨だったようで、伸びに伸びて・・・
おまけに園芸植物と雑草の区別の付かないうちのJさんは雑草を大事に育てていたりして。。。
それが実はもうひとつの恐ろしいことに繋がるのですけれどね。

涼しくなるまで放っておくより仕方がないですよねぇ。
帰って来る度に植物の持つものすごいエネルギーに平伏すばかりです。
人間が人工的な庭を作るなんてことは、いかに自然に逆らった大それたことなのかを思い知らされます。
あと10年庭仕事ができるとして、植わっているものを整理して、なんとか人の手が入らなくなっても自然が勝手に維持してくれる庭にしようというのがここ数年来の思いなのですが、なかなか思うように行きません。

続く

Commented by lapis at 2013-07-21 03:44 x
チューリップ、そちらでも同じ状態なのですね。
私はこの家に引っ越して来た頃に、3~4年続けて100球位チューリップの球根を植えたら、土が拒絶反応を起こしてしまいました。
それ以来、原種以外のチューリップはポット植えで1年草扱いにしています。
Commented by lapis at 2013-07-21 03:49 x
bakuさん、
本音を言うと、私も森みたいな庭が好きなんですよ。
まわり中を緑に囲まれてパティオに座っていると、狭くても外とはまったく隔絶された世界にいる気分になります。
聞こえてくるのは鳥たちのさえずりだけで。

花が中心になる庭が多いこちらの人たちから見ると、うちの庭は一風変わった庭に思われるようで、
初めて来た人には「外からはまったく見えないからわからなかったけれど、へぇ~、こんな風になってたのねぇ」と言われることが多いです。
フェンスのやり換えや配水管などの工事に来た人が庭でお茶をして、そのまま昼寝してしまったりとかね。

こちらも今のところ関西と同じような猛暑が続いていて、ロンドン周辺でも自然発火による火事が相次いで、消防車の出動が毎日20件以上だそうで、熱中症で病院に担ぎ込まれる人も多いようです。

猛暑にはちょっと合わないのですけれど、
こちらに帰って来てから、須賀敦子全集の再読をしています。
あ、その前に『夏の庭』再読。
夏になると読みたくなる本の1冊です。

7月16日付のbakuさんのブログ記事も、本のことクロスオーバーすることが多いので、若かりし頃の読書遍歴を思い出しています。
Commented by するめ at 2013-07-22 07:13 x
Lapisさん
おはようございます。こちらも暑いですぅ~。朝からクマゼミがうるさく鳴いています。
見事なお庭です。好き放題にのびた植物たちはさぞかしお喜びになっていらっしゃる事でしょう。でもね~・・・
先週はPCが動かなくなってデーター消滅かと思いましたが何とか復活しました。
またメールしますね。
ヒービー、いい感じです。以前Lapisさんのかかれたヒービーのコメントを思い出して笑ってしまいます。
Commented by baku at 2013-07-22 19:48 x
lapisさん。お返事不要と書きながら、うれしいお返事にまた書きたくなって〜すみません。せやかてね『夏の庭』がでてきたんですもん。湯本香樹実だいすきです。『ポプラの秋』は何度も読んでるけど、『夏の庭』も久しぶりにまた読んでみます!
Commented by lapis at 2013-07-23 04:47 x
するめさん、お久しぶりです。
そちらも暑さ厳しいことでしょうね。
こちらは今日はロンドンが34℃に!
そんな日にロンドンに出かけなくてはならないことになり、冷房のない地下鉄の中は50℃近くになっていたのではないかしら!!!
明日は雷雨が来るとの予報なので、待ち焦がれています。

見事な荒れ庭でしょう!
庭も畑も放りっぱなしですが、仕方がありませんねぇ。 (>_<)

データー消滅でなくってよかったですね。
私は今のところまだ殆どPCを触っていません。
Commented by lapis at 2013-07-23 07:10 x
bakuさん、こんばんは。
私も湯本香樹実だいすきです♪
ずっと年下の人なのに、彼女の書くこどもたちって、
一昔前のまだこどもが鼻垂らしていた頃のこどもたちみたいでしょう。
『ポプラの秋』もだあいすき♪もう少し涼しくなったらまた読み返したい本です。

この前、自然発火のための消防車の出動がロンドン周辺だけでも1日20回と書いたのですが、
実は「1日30回」だそうです。
今日はうちからそう遠くない所でも火事があったとか。

今日やっと扇風機出しました。
Commented by baku at 2013-07-29 14:34 x
lapisさん。
今朝は降ったりやんだり、凉しい時間です。山口県では豪雨で大変やったそうで、近頃の不安定な気候には、ほんと緊張します。

lapisさん再読とあった『夏の庭』わたしも読み直しました。『夏の庭』は相米慎二氏監督の映画の印象がとてもつよくて、原作の記憶がかすんでいたのですが。今回読んでしみじみとよかったです。泣いてしまった。かんたんに「泣きました」っていうような感想は書かないぞ、とおもってるけど。かんたんやないので書きます(苦笑)
おじいさんの部屋を満たしてたぶどうの甘いにおいがたちのぼってくるようです。湯本香樹実さん、年寄りを書くのほんまうまいなあ。
コスモスの種を植える前に少年たちとおじいさんが花の名前を言う場面、種屋さんのおばあさんとのやりとり、もよかったなあ。
lapisさんのコメントを読まなければ、再び開くことなかったかもしれないこの本。ありがとうございました。あ、古書しかないかもですが湯本さんの『ボーイズ・イン・ザ・シネマ』(キネマ旬報社)の映画のエッセイもいいですよ〜 長々とすみません。
Commented by laps at 2013-08-02 21:04 x
bakuさん
お返事遅れています。
コメント欄は小さいので眼に悪いからと、メモ帳に下書きをしてからコピペをするようにしているのですが、なぜか昨日からどうしてもメモ帳が開けられません。
たぶん、どこか触ったんだと思うのですが・・・いろいろやってみてはいるのですが、IT音痴の私にはさっぱり。。。。

『夏の庭』、映画は残念ながら機会がなくて見ていません。
ホント、この人は子供の目に映る年寄りの表現がとてもうまいですよね。
ファンタジーの世界のおじいさんやおばあさんではなくて、よろよろしていたりしゃんとしていたり、長い人生を生きてきて、そして死んで行くおじいさんやおばあさん。
『ボーイズ・イン・ザ・シネマ』タイトルからして、面白そうです。
この間ブログの方にご紹介の長田弘さんの本もぜひ読んでみたい一冊です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード