散歩道の植物 1.   (日本から)




日本に帰って来て、あっという間に3週間が過ぎました。
桜はすでに葉桜に、八重桜も色褪せて散ってしまい、
新緑の美しい季節になりつつあります。

そんな日本での滞在中に、散歩道で見かけた植物を
撮ってみたいと思います。
日本ではありふれた花なのに、イギリスでは珍しいものも
けっこうありますよ。
たとえば、関西の春に欠かせない花、沈丁花は、
土や耐寒性の問題で、彼の地では栽培の難しい植物になりますし、
秋の深まりを香りで教えてくれる金木犀も、
イギリスで見ることはありません。



a0208116_14581287.jpg


今、目に付くのは、街路樹のエンジュやイチョウのきれいな若葉。
イギリスでは、エンジュを見ることは殆どなく、
イチョウの並木も少ないですね。
だから、そんなありふれた風景や植物が懐かしく、
そして、心に沁みます。


a0208116_14591297.jpg



道端のスノーフレークとハナニラの組み合わせが、
なかなか素敵です。


a0208116_14595011.jpg


ツルニチニチソウも、お日さまがいっぱいの関西では
とても花つきがよくて、ブルーの色が冴え、
斑入りもくっきりしています。


a0208116_1502351.jpg


関西ではどこにでも見られるハナミズキですが、
不思議なことにイギリスでは殆ど見当たらないのです。
同じ仲間のヤマボウシは大きな庭園に植えられることが多いのですが、
これも耐寒性の問題でしょうかしらね。


a0208116_15122121.jpg


そして、ボタンやシャクヤクは、
すでに春の嵐で色褪せてしまいましたが、
咲き遅れの一輪を。



[PR]

by lapisland2 | 2013-04-30 15:14 | 散歩道の植物たち | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/17708795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by baku at 2013-05-03 09:22 x
わあ、きれい。
春だというのに、毎日冷え込んで縮こまってましたが、この写真みて
おもわず「わあ!」と声あげる朝。
今日はいまから母の見舞いに。連休明けには退院やそうですが、退屈してるやろうしね。背筋のばして いってきまーす。
Commented by lapis at 2013-05-03 15:44 x
bakuさん、
先日はお電話ありがとう♪ 思いがけず、とてもうれしいでした。

お母さま、連休明けには退院されるとのことで、よかったですよね。
お年を取られてからの入院は、それだけで体力が落ちると供に、気分が滅入ってしまいますものね。
どうぞご無理をなさらないようにとお伝え下さいませ。

私も今、入院待ちのモラトリアムみたいな気分でいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード