3月の庭仕事




待ち焦がれていた3月になりましたね。

まだまだ寒の戻りは何回もあるでしょうが、
毎日少しずつ日が長くなって、鳥たちのさえずりの声も高らかになって来ました。

さあ、いよいよガーデニングのシーズン到来ですよ~♪


雪国の方はもうしばらくの我慢ですね。
いざ春になってしまうと、百花繚乱で、
花のスピードについていけず
間に合わなくなってしまうことも多いでしょうから、
そろそろ心準備を!
(と、これは雪国に住んでいない者の推測なのですけれど)



a0208116_33904.jpg

                        (Savill Gardenの温室から)




☆春先の剪定の時期ですよ~!

◎Cornus(dogwoodミズキの仲間)、Salix (willow ヤナギ)、
  hardy fuchsia(耐寒性フクシア)、Ceratoastiguma(ルリマツリモドキ)、
 Carypteris 、ブデリア(Buddleia davidii) などは、
 根元近く(約15cm)でバッサリ剪定する

◎伸び過ぎたクライマーの強剪定をする

◎花が終わったウィンタージャスミンの剪定
 花が咲いていた部分をすべて剪定する

◎ハイドレンジアの新芽が出ているのを確認したら、
 枯れた花を刈り取り、痛んだ枝や古い枝も剪定する

*イギリスの場合は花の時期が遅いので、3月から4月初めにかけて剪定をする

◎大きくなりすぎたマホニア(ヒイラギナンテン)の剪定
 バッサリやっても大丈夫、すぐに芽を吹いてくる

◎引き続き、夏咲き(6月以降)クレマティスの剪定をする
 一番下の芽のすぐ上で剪定する
 (C.orientalis, C.texensis, C.viticella, C.vitalba,
 大きい花の咲く品種)

◎バラの剪定をする
 枯れたり病気にかかっている枝を切る。
 枝の三分の一~半分まで、外側をむいている芽の上で剪定する

*剪定後、株周りをきれいにしてfish,blood & boneなどの肥料を蒔いておく

☆霜や雪の予報が出たら、
 新芽の出ている球根などにフリースをかける

☆柔らかい新芽をS&S(slug & snail)からコパーリングやグリットなどで守る
 暖かくなると同時にS&Sも活動を始めるので、準備を怠りなく!

☆ヒューシャ(フクシア)やパラゴニウムなどの苗や、
 ダリアやグラジオラスなどの球根を植える

☆1年草の種蒔き (3月から4月にかけて)
 カリフォルニア・ポピー、カレンジュラ(キンセンカ)、
 ヤグルマソウ、ニゲラ、ポピー、リナリア、poached egg plantなど

*できるだけハチやチョウの好む花を選ぶようにする
 一重でデイジーのような形の花や、筒型の花など

☆秋に宿根草の株分けをしなかった場合は、
 土が温かくなった春に株分けをして、すぐに植えつける

☆スノードロップの花が済んだらすぐに、株分けをして植えかえる

*というのが常識なのですが・・・、
 ウィズリーのガーデナーさんや
 数十年スノードロップを栽培しているナーサリーの人の話では、
 葉が黄色くなる頃まで待ってからやる方が、よく定着するとのこと

☆ラッパ水仙など春咲き球根の花が終わったら
 花がらを摘んで種が付かないようにする

*葉は自然に枯れるまでそのままにしておく
 (イギリス式は場所を取らないように枯れるまで葉っぱを結んでおく)

☆花の終わった春咲き球根に肥料を与える(お礼肥え)

☆ヘザーの花が終わりかけたらトリミングする

*トリミングしておかないとwoodyになってしまうので
 毎年必ず切るようにする

☆常緑樹の植え付けと移植

☆樹木やシュラブ、バラ、宿根草、クライマー、ヘッジなどの周りに肥料をばらまき、
 コンポストでマルチングする
 (コンポストの他、バーク、ココシェルなどでマルチングしてもよい)

☆芝生の苔をガンジキでかき出す

☆芝生に肥料を与え、枯れた部分に芝の種を蒔く

☆芝刈りを始める
 (初めの数回はブレードをhighに設定する)4~5cm

*暖かくなったら急に伸びるので、
 芝刈り機をすぐに使えるように準備しておく

☆新葉が展開し始める3月は、
 宿根雑草を取り除くのに最適の時期なので、
 根を残さないように掘るか引き抜いて
 ごみに出すか焼却する

*コンポストには入れないように注意!
 (一年草の雑草は入れてもよい)

☆室内で花が終わったヒヤシンスなどを外に植えつける

☆コチョウランは週に1~2回水遣りを始め、
 バークコンポストの場合は、同時にオーキッド用の液肥をやる

☆(室内や温室で)花の終わったアマリリスの花を切り取り、
 3~4ヶ月後に葉が自然に枯れるまで水遣りと施肥を続ける



★畑仕事については菜園日記の方に書き込んでいます。



*追加を書き込むことがあるので、時々見直してくださいね
 
(これはイギリス基準に書いていますので、
 日本とは少し違ったところもあります。
 内容について質問のある場合はどうぞお尋ね下さい。

 また、ご自分のお住まいの地域に合わせて、
 庭仕事の時期をずらしてくださいね。)



[PR]

by lapisland2 | 2013-03-03 03:54 | 今月の庭仕事 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/17399368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wilmslow at 2013-03-03 11:06
こんにちは♪
あぁ~待っていました、3月の庭仕事編!
またまた、「あぁそうだあれもしなくちゃ、これもしなくちゃ」と確認ができて本当に勉強になります。

スノードロップの件ではありがとうございました。あの後早速ナーサリーに出向いて苗を購入してきました。
花が終わったあとくらいに、庭へ移植してみますね。

宿寝雑草もどんどん増えてきて、特に北側無法地帯が(怖)。
雨が降っていない時にできるだけ抜いてはいるのですが、もうすぐしたらきっと恐ろしい勢いを増していくのだと思います。

秋に株分けできなかったCentaureaがあるのですが、それも今株分けしても大丈夫でしょうか?

ごめんなさい、lapisさんのブログは本当に勉強になることも多くて、ついコメントを残してしまいます。
体調はいかがですか?
Commented by lapis at 2013-03-04 20:07 x
wilmslowさん、おはようございます。
お庭が広いと、雑草取りが大変でしょうね。
宿根のものはできるだけ根を残さないように掘って下さいね。少しでも残っているとたちまち増殖ですよね。
グランドカバープランツの工夫をされてはいかがでしょうか。雑草よりも勢力の強いプランツってたくさんありますよ。
できれば、そちらの自生植物の中から選ばれるといいのではないかしらと思います。
うちは狭い場所にプランツがひしめき合っているので、それほど雑草の生える場所がないので助かっています。
困るのは菜園の方です。

Centaureaはタフなプランツなので、今株分けできますよ。
私は菜園のあぜに植えているのですが、増えて増えてこの春はどうしても株分けをしなければと思っています。
大株になりすぎると、雨の多いこちらでは真ん中から四方に向かってドデ~ンと倒れてしまいます。
(あ、でもそうなるとまだ花がたくさん咲いている最中でもばっさり根元近くから刈り取っておくと、知らない間に復活してまた花をいっぱいつけます。
こちらは夏が短いから刈り込みは1回ですが、夏が長い所では数回できるのではないかと思います。)
Commented by ルイヴィトン 激安店 at 2014-05-01 04:26 x
社交辞令ではなく、また会いたいと思えたのは久しぶりだ。 「これが金だけじゃない人の付き合いってやつかな」 ちょっと違う意味で俺はそう思う。あの頃、子供が出来て葉月と結婚していれば、今の立場はなかったかもしれない。それでも僕は、言い訳になるが、本当に葉月を愛して結婚したかった。成績は見違えるほどに上昇、あっさりと俺は成績で抜かれる事になる。 「今も従姉の人に家庭教師をしてもらってるのか?これまで私の周囲にはいなかったタイプの執事だ。 だから、余計に私は戸惑うの。千鶴は千鶴だ、どんな姿形、言動、性格をしていようが、俺の想いは変わらない。 だからこそ、気になることがある。そう言うことがこちらも行動がとりにくくてね」 この学園のすべての生徒の個人情報を扱う学生ネットワーク。 これは生徒会直属の管理人に選ばれた生徒が代々、管理しているのだ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード