鉛色の空に映えるウィンタージャスミン


今日も冷え込んで、小雪が舞う一日でした。

そんな中でも元気に黄色い花をいっぱい咲かせているのが、
ウィンタージャスミンです。
2cmにも満たない小さな花ですが、
鮮やかな黄色い色は暗い冬の庭で目に沁みます。
寒さに縮こまりながら道を急いでいても、
垣根を覆うように咲くこの黄色い花を見かけると、
なんだか元気をもらったような気分になります。


a0208116_20383958.jpg


(あまりに眩しい色なので、
たまの晴れ間に写真を撮ろうとすると、
光を跳ね返してしまってうまく写ってくれませんね。)


初夏に咲くジャスミンのような香りがないのは残念ですが、
12月から3月まで休むことなく
次々と花を付けてくれる貴重な花です。

たとえ雪に埋もれてしまっても、
寒さで凍り付いてしまっても、
雪が溶けてしばらくするとまた花を付けてくれます。

原産地の中国では「迎春花」と呼ばれるそうですが、
ちょうど旧正月を迎える頃に咲くこの花は
中国の人々にも春遠からじと希望を与えてくれる花なのでしょう。

ちっぽけなこの花に心和む気持ちは、
温暖な地域に住む人たちには
とうていわかってはもらえないでしょうね。



学名: Jasminum  nudiflorum    AGM
英名: Winter jasmine
和名: オウバイ(黄梅)


a0208116_20405545.jpg


塀や垣根に這わせることが多く、
3mx3m位まで広がりますが、
剪定によって大きさを調整できます。

葉のない長い枝に次々と花を咲かせ、
花が終わったあとに葉が出てきます。
前年に伸びた枝に花が付くので、
咲き終わったらすぐに剪定をしておくと
新芽が伸びて翌年咲く花の準備ができますので、
毎年の剪定は欠かせません。

挿し木か根伏せで簡単に増やすことができます。
長く伸びて地面に着いた所から根が出てきますので、
伸びた枝を地面に誘引してU型ピンで留めておくと、
簡単に新株を作ることができます。



[PR]

by lapisland2 | 2013-02-24 20:45 | Climber | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/17366884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by するめ at 2013-02-27 10:09 x
おはようございます。
もう2月もおわりですね。こちらはしとしと雨
の朝です。少し暖かな雨です。
この雨でヘラボラスもぐんと伸びてきました。寒くても光だけは春を感じるので黄梅の黄色が輝いてみえますね。ジャスミン??匂いがあったけ?と思ったらやはりジャスミンのような香りはしないのですね。春はやはり黄色の花から・・・のようですね。
帰国にむけてあわただしい日々を過ごされている事と思います。くれぐれもお体を大切になさってください。
Commented by lapis at 2013-02-28 22:17 x
するめさん、明日から3月ですね。
こちらは3月になってもまだまだ寒い日が続くのですが、
それでも少しずつ日が長くなり、明るくなっていくのはうれしい限りです。

うちは今年はヘレボがあまりよくないのです。
いまだに花茎はまったく伸びず、花を付けているものも例年と比べると貧相です。
昨年の水浸しの天候が影響しているのかもしれません。
日本も北の方は豪雪のところが多かったようですし、
掲示板で拝見したら、するめさんの所でもヘレボはうちのと同じような状態のようですし、クロモジなども例年より遅いようですね。
でも、関西は暖かくなり始めると早いから、もう少しの我慢ですよ。

3月中旬に帰国の予定をしていましたが、
都合で春休みが終わる頃の帰国になっってしまいました。
そのために、タマネギの植え付けや3月に終わらせないといけない剪定などを済ませてから帰れそうです。
(同居人に任せておくと、大変なことになってしまいますので。。。)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード