冬庭に漂う香りはどこから?




10日間ほど降ったり止んだりしながら積もっていた雪が溶けて、
ようやく地面が顔を覗かせました。
久しぶりに庭に出てみると、甘い香りが漂ってきます。


雪の降り始める前に蕾が少し膨らみかけていたサルカコッカが、
雪の下で今か今かと出番を待っていたのでしょう。
一気に花を開いています。



a0208116_1931139.jpg




葉っぱも花も地味で目立たないこのプランツは、
冷気の中でしっとりと甘く、
それでいてどこか凛とした香りで人をふり返らせます。

植えた場所を忘れてしまっても、
目隠しをしていても、だいじょうぶ。
香りを辿って行けば、居場所がわかります。


a0208116_1962778.jpg



春から秋までの間、
世界からすっかり忘れられた存在のサルカコッカは、
日の当たらない庭の片隅で、
ひっそりと冬の訪れを待ち続けているのです。


a0208116_1974864.jpg




そして、季節は巡り、冬の到来です。

色の消えたさびしい庭に、
香りの彩りを与えてくれるこの花は、
暗くてうっとうしいイギリスの冬の庭に、
なくてはならないプランツになります。


玄関脇に植えておくと、
訪れる人を香りで迎えてくれる素敵なウェルカムフラワーになります。
「この香りはどこから?・・・」と、
周りを見回す人々にサプライズを与えてくれること請け合いです。
あるいは、暗いうちに家を出て、暗くなってから帰宅する人を
心に沁みる香りでそっと迎えてくれるそんな花かもしれません。

庭に続く出入り口の近くに植えておくと,
冬の間も庭に出る楽しみが増えます。

イギリスでは全国的にボックス(ツゲ)が病気にやられて
大きな被害にあっている昨今、
代わりに同じツゲ科のサルココッカを使うのはどうなのかしらと
思うのですが・・・、
個人の庭でこのプランツを植えているのは、
よほどの園芸好きかちょっぴり変人のみというのは、
なんとも悲しい事実です。



学名: Sarcococca hookeriana 'Digyna'   AGM
英名:  Christmas Box 、 Sweet box
和名:  サルココッカ(流通名)


Sarcococcaは、東アジア、東南アジア、中国からヒマラヤにかけての
湿潤な森や雑木林に約14種が自生していますが、
いずれも 雌雄同株(monoecious)のプランツなので、
雌花と雄花は同じ株に付きます。
花後には黒い艶やかな実が付きますが、
うちの庭では赤い実が黒く染まる頃には、
鳥たちのお腹に納まってしまうようです。

S.hookerianaは中国西部の自生種で、
種小名のhookerianaは、
有名な植物学者でありキューガーデンのディレクターであった
Sir William Jackson Hookerもしくは息子の Sir Joseph Dalton Hookerに
ちなんで名付けられたものです。

Sarcococcaと言うCが4つも入るおかしな名前は、
ギリシャ語の sarx(=flesh)と kokkos(=berry)から来ている
ようですね。



a0208116_5174868.jpg


S.hookerianaは少し紫がかったような細い葉ですが、
Sarcococca confusa(同じくAGMをもらっています) 
というつやのあるダークグリーンの葉のものもよく出回っています。


[PR]

by lapisland2 | 2013-02-02 19:22 | Shrub | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/17252405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wilmslow at 2013-02-03 09:36
こんにちは、またお邪魔します。
『個人の庭でこのプランツを植えているのは、よほどの園芸好きかちょっぴり変人のみ』の一文に笑ってしまいました。
我が家にもありますが、できたら私は『よほどの園芸好き』のほうに所属したいです(笑)。
やはり友人が来た時に、「この香りは何処から?」とよく聞かれます。
Commented by するめ at 2013-02-04 12:55 x
わたし、変人で~す。我が家のものはconfusaのようです。今庭にでて確かめてきました。いつの間にか実はすっかりなくなっています。白い花から良い香りが漂っています。昨年の秋にはこぼれ種からか、鳥のふんからか辺りに小さな双葉が一杯出ていました。あまり引き取り手はいないようですが一応小さなポットに移植して育てています。
Commented by lapis at 2013-02-05 03:40 x
wilmslowさん
Hahaha~、下書きは「ちょっぴり偏屈なお年寄り」と書いていたのですが、差し障りがありそうで書き直しました。(そのものずばりのちょっぴり偏屈なお年寄りの花友の庭にりっぱな株があります。)
サルココッカ、丈夫で病害虫も付かず、あんなに香りがいいのにイギリスではそれほど人気がないのは残念です。

あ、Salixのこと、もうひとつお返事書いてます。
Commented by lapis at 2013-02-05 03:46 x
するめさん、
私も、変人の方かしらね。
前に掲示板の方にサルココッカの画像を載せて下さった時に、「あらっ、暖かい和歌山の方が花が遅いのかしら?」と思ったのですが・・・
今年は同じ頃に開花のようですね。
なんかね、イギリスと日本と、そしてシアトル(上に書き込み下さっている方)でも同じ頃に同じ花が咲いてるのって、なんだかうれしいですよね♪

日本ではS.confusaの方がよく出回っているようですね。
Commented by 1223sora at 2013-02-06 11:39
ずいぶんご無沙汰してしまいました。
3日ほど前にお邪魔して、この記事を拝見。
早速検索してみました。
すると、苗屋さんに7本あると言うこと。
早速注文したのですが、先ほど届きました。
うれしいです!!
黒い実が付いています。
花も、良い香りがするようです。・・・娘が言います。
育て方をもう一度調べて、植えたいと思います。
7本届いたので花友さんにもさしあげたり、あちこちに配ります。
Commented by lapis at 2013-02-08 12:51 x
soraさん、こちらこそご無沙汰しています。
秋からクリスマス前まで日本に帰っていましたので、このブログもサボりっぱなしでしたが、これからまたぼちぼちと書いていくつもりですので、よろしくね。
それにしても、soraさんは気が早~い!
今ちょっとブログを覗かせて頂いたらもうサルココッカの苗がずらりと並んでいました。
でも、こちらでも友人たちに勧めているプランツなのでうれしいです。
病害虫も殆どないし、育てやすいですよ。半日陰か日陰を選んで植えて下さいね。余り乾燥させない方がいいと思います。
グングン育つプランツではないですが、環境がよければ1mx1m以上になります。
またsoraさんの方にもお邪魔いたしますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード