1月の庭仕事



a0208116_2321284.jpg





毎月の庭仕事について、
昨年までは主催する掲示板の方に書き込みをしていましたが、
今年からはこちらに載せることにしました。
本来は自分のための覚書ですが、
少しはどなたかの役に立つこともあるかもしれないと思い、書き込むことにします。 


クリスマスやお正月にご馳走を食べすぎて、
少々体重が増えてしまった方も多いのではないでしょうか。
もうすぐ松の内も明けますので、
そろそろ庭に出て、活動を始める時期かもしれませんね。
冬の間にやっておくべき庭仕事もけっこうありますよ。

とは言うものの、雪深い地方では冬の間はガーデニングどころではないですよね。
でも、外でガーデニングができなくても、
室内ガーデニングや脳内ガーデニング(=アームチェア・ガーデニング)なら、
いつでもできますよ~♪



☆ アームチェア・ガーデニングの季節です

1・2月の庭仕事の余りできない間に、カタログを取り寄せたり、
ネットでカタログを見たりして、春からのプランを立てましょう。
忙しかった年末年始の後、のんびりとカタログを眺めて、
あれこれイメージするのも楽しいものです。

☆クリスマスツリーのあと始末

近くのガーデンセンターに持って行って、リサイクルしてもらう

シュレッダーを持っている場合は、
数ヶ月庭の隅で腐らせたあと、
シュレッダーに掛けてチップにして、マルチングの材料に使う
(酸性土を好む樹木やシュラブの周りが適しているのではないかと思う)

☆ウィンターパンジーの花がら摘みをして花が続くようにする

☆夏咲きのダリア、カンナ、ユリ、グラジオラスなどの球根類の注文をする

☆堀り上げて貯蔵した球根類のチェックを忘れないように。
  (腐ったりカビが生えたものを取り除く)

☆シュラブやバラの挿し木(hard cutting)は、今月中に!

*hard cutting(硬い枝の部分の挿し木)は成功率がやや低いので、
多めに作っておくこと!
ブデリア、ドッグウッド、タマリスク、ハニーサクル、
レンギョウ、ポプラ、スパイレア、ウエイジェラ、ウィロー、
Caryopteris, Escallonia など

☆root cutting(根伏せ)も今の時期に
(オリエンタルポピー、フロックス、エリンジウム、
アカンサス、バーバスカムなど)

☆ヘレボルスの古い葉を切り取る
(無茎種のものは、葉を切る事によって花茎が素直に伸びる)
 
葉を切った後は、根元をマルティングしておく

◎有茎種は、夜間フリースなどで防寒する
 花茎が伸びるものには支柱を立てる

☆引き続き winter pruning(冬剪定)の時期です
 
少し暖かい日が続いている時に剪定をする
(2月末までに済ませる事!)
 dogwoods, buddleia,バラetc.

◎落葉樹の剪定
 大きな木の場合は、tree surgeonに依頼する、

◎dogwood や willowなどは根元で剪定

◎夏咲き(6月以降)のクレマティスの剪定
 一番下の芽のすぐ上で剪定する
(C.orientalis, C.texensis, C.viticella, C.vitalba,
 大きい花の咲く品種など)

◎アイビーなどクライマーの剪定をし、形を整える

◎ウィステリアの冬剪定
(ウィステリアは夏・冬と2回の剪定が必要)

すべての脇から伸びている枝を5cmの所まで剪定する

◎常緑のシュラブや垣根の大きくなり過ぎたものは、
 今の時期に強剪定しておくとよい

☆グラス類のカットバック

新しい葉が展開する前に枯れた葉などを根元から切っておく
Stipa tenuissima,Japanese bloodgrass,calamagrostis など

*遅れると、新葉が出てきて剪定が難しくなるので注意!

☆イカリソウの古い葉を根元からカットバックする

剪定のあと、小さめのバークチップやガーデンコンポストで
マルチングをしておく

*これも花茎が出始めてからでは剪定が難しくなるので注意する

☆土が凍結したり水浸しになっていなければ、
 引き続きbare root(地掘り苗木)のバラや樹木、シュラブを植えつける

☆小さい木やシュラブなど、移植したいものは今が適時

☆地面が凍結していなければ、引き続き土を耕して
 コンポストや肥料を花壇や菜園に入れる。
 雨が続くようなら、シートでカバーをする。

☆プランツが冬眠時期の間に、多年草の雑草の根を掘り上げる

特に、couch grass, ground elder, bindweedなどは、
たとえ小さな根っこの切れ端からでも増殖するので、残さないように注意する

☆積雪のあと雪の重みで枝が折れるのを防ぐ工夫を!
 (常緑樹やコニファー類)

☆雨や霜が続く時は、できるだけ芝生を踏まないようにする

☆water buttのクリーニング

タンクの水を抜いて空にしたあと、
枯葉やごみなどを取り除き、水ですすいでから再設置する

☆剪定ばさみなどの手入れをする





☆Wildlife

◎そろそろブルーティットなどの鳥が巣作りの場所を
探し始める頃なので、新しい巣箱をかけるのに最適の時期ですよ♪
すでにかけてある巣箱はきれいに掃除をしておく

◎樹木やシュラブにバードフィーダーを吊るしたり、
バードテーブルを置いて、餌が途切れないようにする

*残りもののパンを与える人が多いが、
パン屑はおなかが膨れるだけなので、
冬場は特にもっと栄養分の多いものを準備する
(ヒマワリなどの種、グレイン、ナッツ類、フルーツ&ベリー、
ドライフルーツ、ベーコン、固くなったチーズ、キャットフード、
フルーツケーキやビスケットなどの残り、ラードやスーィット、Mealworms など)

*鳥の種類によって好物が違うので、いろんな種類の餌を用意すると
いろんな鳥が来てくれますよ♪
木の上で餌をとる鳥もいれば、地面で餌をとる鳥もいるので、
地面に置くバードフィーダーも忘れないように。
(既成のものでなくても、鉢の受け皿で十分です)

◎水の補給も忘れずに!
鳥を庭に呼びたいなら、
餌台の設置だけでなく水飲み場兼水浴び場を作ること!

常に水浴び場をきれいにして、新しい水に取り替える
氷が張った朝は、水のみ場の氷を溶かすのをお忘れなく!


*イギリスの場合、庭にやって来る鳥たちは
冬に野生の餌がとれなくなると死んでしまう場合が多いのです。
ここ数年厳しい冬が続いています。
普段は餌を与えない人も、冬場だけでも鳥の餌を準備するように
して下さい。
特に急な冷え込みが来たり、雪の降った翌日には餌がとれなくなるので、
庭に餌を撒くなどして頂ければ、うれしいです。

暗くて長い冬の間、鳥たちが庭にやって来てくれるのを見るだけで、
私たちは十分に大きなお返しを受ける事になるのですから。

鳥や小動物、虫たちのヘルプ無しには
オーガニック・ガーデニングはできないのだと言うことを、
いつも心に留めておきたいものですね。



*追加を書き込むことがあるので、時々見直して下さい。


庭仕事はイギリス南東部、特に私の住んでいるロンドン郊外を基準に
書いていますので、日本とは少し違ったところもあります。
時期については、お住まいの地域によって調整をして下さい。
内容について質問のある場合は、どうぞお尋ね下さい。

なお、畑仕事(野菜やハーブ、果樹)については、
菜園日記の方に書き込みをしています。



(画像はViburnum grandiflorum f.foetens)


[PR]

by lapisland2 | 2013-01-10 23:04 | 今月の庭仕事 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/17131405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wilmslow at 2013-01-30 17:32
はじめまして、wilmslowと申します。

corunus alba sibiricaを検索していてlapisさんのお庭のブログに辿りつきました。とても素敵なお庭に魅せられました。

こうやって行う作業を覚書にしておくと便利ですよね。実は私も遅まきながら今年になってやり始めたところです。

上の覚書は大変参考になりました。そうだ、そうだ、と書き忘れたものにも気がつき、私の覚書ノートにも追加させていただきました。ありがとうございます♪

あと初めてのコメントなのですが、もしよろしければ質問させていただいてもかまわないでしょうか?
もしお気に障りましたら、どうぞスル―してください。
我が家には、以前の住人が植えたsalixがありますが、名前もわからず、私が推測するに恐らくSalix purpurea Canyon Blueだとは思うのですが、長い間剪定らしい剪定もしてきていません(恐らく前の住人の方も)。
上の覚書でwillowは根元で剪定とありますが、この種類のものでも根元で剪定してもかまわないのでしょうか?ちなみに、根元の幹は直径10センチ以上とかなり太くなっているのもあります。
もしお答えいただけたら、幸いです。

Commented by lapis at 2013-02-01 21:17 x
wilmslowさん、はじめまして。
体調を崩して以来、このブログもずっとサボりっぱなしで殆ど開けていませんでしたので、お返事が遅くなりました。


話題がガーデンニングのことなので、お住まいの場所がわからないことには・・・ということで、ブログに寄せて頂きました。
シアトル郊外にお住まいとのことなので、うちの辺りと気温的には似ているかもしれませんね。秋から春まで雨が多いと言うことも。
長男家族がシアトルからそう遠くない所に住んでいますが、そこは冬は大雪のようですけれど。

ご質問の件ですが、Salix purpurea Canyon Blueはドワーフタイプで大きくならない品種だったと思うのですが、普通その手のsalixは自然にきれいな形にまとまるので、こまめにトリミングをしていればそれでいいのですけれど。
長年放っておいて伸びてぼさぼさ状態になってしまっていたら、思い切って強剪定をした方がいいかもしれませんね。
それにしても根元が直径10cm以上とはすごいですね!見ていないのでちょっと想像が付かないのですが、そんなに太いのが何本も出ているのでしょうか。

(Part2に続きます)
Commented by lapis at 2013-02-01 21:21 x
(Part2)
もし、強剪定をされるのならば、(雪が降らない地域であれば)3月までにやるといいと思います。
ふつうSalixはポラードと呼ばれる剪定の仕方で、Cornusよりは高い位置で剪定をすることが多いので、根元と言っても少し上の位置になります。
剪定した場所から芽が吹いてきますので、どんな形になるかを想像しながら位置を決めて下さいね。
よく切れる剪定ノコを使ってきれいに切ったあと、水をたっぷりやるのをお忘れなく。

ヤナギはとても強いので、少々失敗しても大丈夫と思います。
今の時期なら、剪定した枝の挿し木もできますよ。

またブログの方に寄せていただきますね。
Commented by wilmslow at 2013-02-02 16:49
lapisさん、初めてのコメントにも関わらず私の質問に大変ご丁寧に回答くださりありがとうございました。
体調を崩されて、とありますがお体の具合はいかがですか。

lapisさんがおっしゃる通りドワーフタイプのものなので、そのままにしておいても高さは2メートル強ですが、ただ横幅がかなりあります。あと、私が言葉足らずで申し訳ありません。このsalix夏にすごく繁るので、外側の形を整える剪定はちょこっとしていたのですが、枝をすいたりするきちんとした(?)剪定は随分長い間していません。あんなに太い幹があるのですから、多分、前の住人の方もしていないと思われます。そのため、中がこみあってわさわさしている上に、現在は昨年の大雪で形がひどく崩れてしまい、ちょっと醜い状態です。

長くなりましたので、続きます。
Commented by wilmslow at 2013-02-02 16:51
今日また確認したのですが、根元の幹の太さ直径10センチ以上のものが4、5本ありました。ということは、その太い幹を切った場合はポラードの剪定後に何本もの細い枝が生えてくるように、4、5本の太い幹から細い枝がまたたくさん生えてくるということでしょうか?

ごめんなさい、写真がないとわかりませんよね。
今度ブログに写真を載せます!

とにかく、lapisさんの「少々失敗しても大丈夫」の言葉に大いに救われました(笑)
雨続きなのですが、お天気になりそうな日をねらって強剪定してみます。

本当にありがとうございました。
お体どうぞご自愛くださいませ。
Commented by lapisland2 at 2013-02-03 01:15
wilmslowさん
>4、5本の太い幹から細い枝がまたたくさん生えてくるということでしょうか?

そういうことになるでしょうね。

本来はポラードは主幹を1本にしてそこからたくさんの枝を更新させるということなのですけれど・・・
10cm以上の太さのが4、5本もあると言うことですから。。。
初めから仕立て直すのなら、切り株から更新と言うことになります。
ちょっと勇気がいるかもしれませんが。。。

庭が狭いのでSalixはハクロニシキ以外は自分では育てたことがありませんが、Salix purpureaはイギリスにも自生しているヤナギですが、こちらではバスケット作りをする人たちは冬の間にばっさりやって、来年の準備をします。

詳細がわからないので、この程度しか書けませんがあしからず。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード