ちょっぴり神秘的なクレマティス



a0208116_0233984.jpg



朝晩の気温が10℃を下回り、秋の気配の深まって来ているイギリスですが、
7月頃から咲き始めたこの白いクレマティスはまだ咲き続けています。
直径5~6cm程の小さめの花ですが、なかなか優雅なクレマティスで、
最盛期にはオベリスク全体が花を散りばめたようになります。

a0208116_0242192.jpg

優雅ではあるけれどタフなプランツで、
拙庭のような日陰で、風のきつい場所でも元気に育ってくれます。
3~4m位まで伸びるので、クライミングローズに組み合わせたり、
樹木に駆け上らせてもいい感じになりますね。

a0208116_026928.jpg


白い花は花弁の先端に緑色が入り、時には紫っぽい色がかかりますが、
花の形が一定せず、いろいろ出てくるのも面白いところです。
真夏の暑い時には白花が多くなり、気温が低い時には緑の部分が多くなるように思います。

a0208116_0265273.jpg


a0208116_0271489.jpg


花芯が黒っぽい紫色なので、すっきりと白さが際立つようです。
そして、フレッシュな葉をいっぱい茂らせるこのクレマティスは、
花がない時にも楽しめるプランツでもあります。
その上、他のviticella group のクレマティス同様、
clematis wiltに抵抗力があることも大きな長所になっています。

a0208116_0324955.jpg




学名:  Clematis 'Alba Luxurians'、
      Clematis viticella 'Alba Luxurians'      AGM
英名:  Alba Luxurians Clematis



剪定は グループ 3

[PR]

by lapisland2 | 2012-09-23 00:35 | Climber | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/16269049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yun at 2012-09-28 02:38 x
今日、ふと見かけて買った秋咲きの白いムスカリにも”Alba”とついていました。あら、と思ってAlbaのついている花を見ると大抵が白いようで、何かそう言う意味があるのでしょうね。

今、ふと外を見たら虹が出ていました。空が、それはそれは不思議な色になっています。
Commented by lapisland at 2012-09-28 06:17
Yunさん、
学名にはラテン語が用いられますので、「白い」を意味するalbaは
花の名前にもよく使われますね。
albaが一番多いですけれど、他にも albina、albescens なども使われます。
「黒い」のにはnigraが使われます。

白いムスカリもいいですよね。
秋咲きのムスカリって言うのがあるのでしょうか。

残念ながら虹は見ませんでしたが、私の所でもきれいな夕空が見えましたよ♪
Commented by するめ at 2012-09-29 14:49 x
こんにちは。白い花がきれいですね。夕方に見ると白が際立っていそう美しくみえるのではと想像してしまいます。花びらにちょこっと緑色が差すのもいいですね。
クレマチスの剪定についての記事の書き込みをお待ちしていますね。

和歌山でも最近よく虹を見かけますよ。
Commented by Yun at 2012-09-30 02:18 x
なるほど、白い、と意味するのですね。

Nigraはスペイン語やイタリア語から想像できるのですが、Alba=白い、は知りませんでした。

単にムスカリと書きましたが、正確にはLiriope Muscari と言うので、いわゆるムスカリとは違う種類でしょうか? これは紫ですが、リンクを貼っておきます。

http://apps.rhs.org.uk/plantselector/plant?plantid=3390
Commented by lapis at 2012-10-01 03:35 x
するめさん、
このクレマは気温が低いと緑の入り方が大きくて、ちょっとおもしろい花が咲くことに気が付きました。植物って、何年付き合っていても新発見がありますよね。

剪定のことや、コンポストの作り方、庭園訪問など日本滞在中に時間を見つけて書くつもりをしているのですが・・・もしだめなら、こちらに戻ってきてから冬の間に入れますね。
Commented by lapis at 2012-10-01 03:54 x
Yunさん、
ムスカリに秋咲きの新種ができたのか、それとも「秋植え」のまちがいかしら?などと思っていましたが・・・。

おっしゃっているプランツはムスカリではありませんよ。
Liriope muscariって言うのは、日本のヤブランのことです。
Liriope(ヤブラン属)にもいろいろあるので、その中でまあ言えば、
「ムスカリのような花が咲くLiriope」っていう意味だと思えばいいでしょうね。
紫色の花が普通ですが、白花や斑入り葉のもあります。
日陰でも平気で、冬でも常緑なので、いいグランドカバーになりますよ。一度植えておけば、世話要らずのプランツです。
Commented by Yun at 2012-10-05 00:10 x
ご指摘ありがとうございます。店先に売られていた時にMuscari と書いてあったので、自分の知っているムスカリとは違うなぁと思いつつ鵜呑みにしていました。これからはちゃんと調べてからコメントさせてもらいます(^_^;)

一度植えれば世話要らず! 私向けのプランツで嬉しいです(笑) 結構大きい鉢を買ったので、早春に株分けしようかと思っています。
Commented by lapisland2 at 2012-10-06 07:35
Yunさん、
ヤブランは11月頃まで咲いていると思いますので、
花が終わったら花茎を切っておくといいですよ。
春に株分けする時に、汚くなった古い葉も切って整理するといいと思います。

ネット検索は間違った記述も多いので、ご注意を。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード