プリンセス・ダイアナ


a0208116_1911432.jpg



例年より少し遅く7月始めごろから咲き始めたクレマティス、
'プリンセス・ダイアナ'ですが、お日さまが乏しいせいか、
今年は花の数が少なく、花も小さめのようです。


a0208116_1858992.jpg


例年ならば、6月から初秋まで溢れるほどの花を次々と付けてくれるのですが・・・
今年は殆どの植物にとって、受難の年になったようです。
雨が多いのは、クレマティスにとっては必ずしも悪いとは言えないでしょうけれど、
今年のような極端な日照不足はどうしようもありませんね。
8月も下旬になると、花色も淡いピンクになってしまいました。


a0208116_18591332.jpg




同じテキセンシス系の 'Gravetye Beauty'の方は、
今年はうんともすんとも言わずに終わってしまいそうで、
葉っぱだけが茂っています。




学名:  Clematis Texensis 'Princess Diana'     AGM
英名:  Scarlet Clematis、exas Clematis Texas、 Leatherflower、 etc.



[追記]

*もともとは、'The Princess of Wales'という品種名で売られていましたが、
ダイアナさんの波乱万丈の生涯のために彼女の称号が変わったので、
花の名前も変わったようですね。

*剪定はGroup 3

[PR]

by lapisland2 | 2012-08-28 06:30 | Climber | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/16044127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by baku at 2012-08-29 10:53 x
おはようございます。今日は珍しく朝から曇り空で、やや気温低めの朝ですが、むしむし。もう暑いの飽きたなあ〜(苦笑)
朝、ここに来て、更新されてると「おお」としばし、うっとり。わたしはお花のなまえとかほんまに知らないので、へえ。へえ〜とlapisさんのお話を読んでいます。ところが、次に開ける間には名前もすっかり忘れてて(苦笑)また、読み返したりしながら、たのしませてもらってます。
それにしても、いっぱいのお花とみどり!いいですねえ。(おせわがたいへんやろなあと思いつつ。草まみれのウチの庭をちらりと見つつ)
お庭には何種類くらいのお花が咲いてたり、咲くのを待ってたりするのかなあ。
Commented by lapis at 2012-08-31 00:32 x
bakuさん
関西の残暑はまだまだ厳しいことでしょうね。
こちらは朝晩は寒くて、月が替わったらヒーターの準備かしらと思うくらい。今夜は9℃位まで下がりそうです。

狭い庭にいっぱいぐちゃぐちゃ植えてあるので、夏は本当にジャングル状態です。
何種類くらいあるのか・・・私にもわかりません。
それに、私が日本に帰ると、鬼の居ぬ間になんとやらで、同居人がいろんな所にいろんなものを植えまくるので(盆栽用の苗で盆栽にできなかった苗などetc.)
戻って来るとイランモンがいっぱい植わっていて、よけいにぐちゃぐちゃになってしまいます。

話は変わりますが、いつもbakuさんのブログから本や映画の情報を頂いています。
それ以上に、bakuさんが書かれる日常の何気ないことや子供の頃のお話に、
「そうそう」とか「そうなのよね」と思うことがとても多くて、
忘れてしまっていた昔のことなどもbakuさんの文がきっかけで思い出したりしています。
コメントはなかなか書けないでいますが、
ここにもbakuさんの読者の一人がいることを忘れないで下さいね。
Commented by baku at 2012-08-31 10:57 x
lapisさん。
朝いちばんお返事に感激して小躍り!
ありがとうございます。ほんまにうれしいです。
それにしても。
9℃!なんか信州の夏のおわりみたいですね〜 信州の家では薪ストーヴに火が入らないのはほんとうにわずかな期間でした。お年寄りのひとり暮らしのお家なんかは一年中煙突から煙があがってました。
それやのに、大阪はなんでこんなに暑いんでしょう。朝起きて「今日はちょっとましかな」って気をよくするのも束の間のこと。すぐにふうふう言うてます。が、たっぷり蓄えた脂肪のおかげか?バテもせず食欲旺盛で。
夏痩せなんて言葉 わたしの辞書にはない!(泣)

昨日パン屋のおかみなかま(わたしは「元」ですが)に久しぶりに会いました。10年ほど前、彼女が49歳のときパン屋は夫君に託して ロンドンに一年間留学した時のことを本にまとめはったのですが〜それがやっと刷り上がったというので受け取りに。
昨夜のうちに読了して、異国での暮らしを思い、lapisさんが渡英されたときはどんなふうだったのかなあ、と思ったりしていました。いつか、ぜひぜひ読んでみたい、聞いてみたいお話です。

Commented by lapis at 2012-08-31 19:15 x
bakuさん、こちらはちょうどイレヴンシーズで朝11時のお茶の時間です。
Jはロンドンに遊びに行ってしまったので、私は一人でのんびり美味しいコーヒーを入れて。。。

昨日予報では9℃位とのことだったのですが、今朝はなんと5℃まで下がって、
1箇所2重窓が古くなっている所に結露が出ましたよ!
中部で2℃、北部やスコットランドではー2℃まで下がった所もあったようで、
この百年間で一番寒い8月になりました。
雨の多さでも百年間で一番の夏だったとか。
こんなことで一番なんていやですねぇ。 

私の今回のイギリス滞在は、2~3年のつもりがいつの間にやら20年近くになってしまいました。
昔、20代の頃に1年ほどロンドンに住んだ事がありますが、当時はアラスカ経由だったと記憶しています。
当時の友人たちの中にはシベリア鉄道でヨーロッパ入りをしたツワモノたちもいたんですよ!
イギリスも随分変わってしまい、普段は嫌なことばかりが目に付きますが、
オリンピックやパラリンピックがあると、すばらしい部分が浮かび上がってくるのは
やはり底力のある国なんだろうと思いますね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード