ふんわりやさしいタマリスクだけれど



a0208116_2222182.jpg


長い間放置されたままになっていたのに、毎年花を咲かせていたTamarix。
昨年の秋、かなり強剪定をしてまわりのシュラブも刈り込んでおいたら、
この春はたくさん花を付けてくれています。
例年はもう少し早い時期に花を付けますが、
今年は悪天候のせいか少し遅れているようです。

a0208116_22223427.jpg


タマリクス属の原産地は、ヨーロッパ、アジア、アフリカに広がり、約75種が分布しますが、
このTamarix tetrandraはヨーロッパ南東部や西アジアが原産のようです。
イギリスには1821年に紹介されたようですので、
かなりオールドファッションなプランツかもしれませんね。

a0208116_22225819.jpg


満開になると、ふんわりしたやさしいピンクの花がしなやかに広がり、
とても雰囲気のあるシュラブです。
花が終わると、細い鱗状の葉が展開して、花のない時期にも楽しむことができます。

やさしく繊細な見かけによらず、とてもタフなプランツで、
地中海沿岸を旅行すると、強風の吹く海岸地帯で元気な姿をよく見かけますので、
乾燥や潮風にも強いようです。
そういう意味でも、強風の吹く丘陵地帯である拙庭の環境にも
順応してくれるようです。
耐寒性もかなりあるようで、私の経験では-10℃以下になっても大丈夫でした。

放りっぱなしにしておくと、10m近くになってしまうので、
毎年花が終わったらすぐに花の付いていた部分を剪定するといいようです。
日当たりと水はけのよい土を好みますが、
うちのように半日陰の庭にも耐えてくれます。

ちなみに、日本で、「ギョリュウ」と呼ばれているのは、
中国原産のTamarix chinensisのことで、育つ環境もまったく違うようです。

a0208116_22232928.jpg



学名: Tamarix tetrandra (AGM)
英名: Tamarisk
和名: セイヨウギョリュウ(西洋御柳 )、  別名 : タマリクス

[PR]

by lapisland2 | 2012-06-14 22:30 | Shrub | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/15565108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by するめ at 2012-06-16 22:06 x
Lapisさんこんばんは。こちらのブログも又始まって楽しみに拝見させていただいています。
ギョリュウとこのタマリクスとは違った植物なのですね。ピンクの花が良いですね。日本の狭い庭では見かけないです。のびのびした姿の植物は2~3年後には矮性になってお店に並んでいるのでのびのび大好きなわたしはがっくりさせられる事がしばしばです。
Commented by lapis at 2012-06-16 23:59 x
するめさん、
雨ばかりのお天気に加えて、いろいろ雑用に追われていまして。。。
このブログもすっかり開店休業状態でしたが、気を取り直してまたぼちぼちと続けて行きますので、よろしくね。

このタマリクスは先住人から引き継いだものですが、長い間無視されていたようで、
すでにおかしな樹形になってしまっていて、手が付けられないでいたのですが、
少し剪定をしてやると少しは見られる姿になってきました。

日本は、庭が狭い家が多いので、どうしても矮性のものが好まれるのでしょうね。
こちらでは、郊外では広い庭が多いので、植物はのびのびと育っているようです。
うちは郊外では珍しく小さい庭なので、年中剪定していないといけないので、植物たちは可哀想だし、こちらも年齢的に無理が出てきました。(今日も午前中、隣からはみ出してくる枝と格闘していたところです。)

ご連絡したいことがありますので、近日中にメールさせていただきますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード