スキミアは、つぼみのうちが華なのよ



a0208116_20203779.jpg



西日本では、山に行けば普通に見られるミヤマシキミですが、
日本では庭に鑑賞のために植えるということは少ないですよね。

欧米では、赤い実や蕾・花、そして常緑の葉を観賞するために、
庭園や庭によく植えられます。
また小さい株は、冬の寄せ植えの材料としても人気があります。

ミヤマシキミの仲間は、こちらではスキミアと呼ばれていますが、
たぶん、shikimi が skimmia になったものと思われます。

a0208116_20515939.jpg


動物や鳥が食べないこともあって、
秋から冬の間ずっと真っ赤な実を付けてくれるので、
さびしくなる庭には、貴重なプランツです。

スキミアの殆どが 雌雄別株なので、
実をたくさんつけるためには雄株が必要になりますが、
'Rubella'  が使われることが多いようです。

a0208116_2022631.jpg


a0208116_2026081.jpg


'Rubella' は秋になると、ダークレッドの蕾を付けますが、
その粋で渋い蕾の色は、長くて暗いイギリスの冬を彩ってくれる
大切なシュラブのひとつです。
いつまでもつぼみのままでいてほしいくらいですが、
そうも行かず、春になると甘い香りのクリーム色の花を咲かせます。

もう一つ、冬の間ずっと蕾の色を楽しめるスキミア(雄株)には、
'Kew Green' があります。

a0208116_20242943.jpg


ライムグリーンの蕾は、
ダークレッドの 'Rubella'  と隣り合わせに植えると、
とてもいい組み合わせになります。

a0208116_20391599.jpg


スキミヤの仲間はヒマラヤから、東南アジア、東アジアにかけての原産ですが、
いずれも、日陰から半日陰を好み、
日向では葉が日焼けしてしまいます。
酸性土を好むので、
イギリス南東部の石灰質の土には合わないので、
鉢植えにした方が葉色もいいようです。
酸性土をたっぷり入れて、地植えにしたことも何回かありますが、
どうもうまくいかないようで、葉が落ちたり黄色くなってしまいます。

小さく保つには、花後に軽く剪定をします。
地植えで、植え場所がよくない時は、冬の間に植え替えるといいでしょう。

イギリスは雨が多いので、時々カイガラムシが付きますが、
ブラシでこすり落として石鹸水をスプレーしておけば、
問題はありません。
葉にはアルカロイドが含まれ、実も有毒なので、ご注意。


a0208116_2025234.jpg




学名  Skimmia japonica
英名  Skimmia
和名  ミヤマシキミ (深山樒)

ダークレッドの蕾のは
     Skimmia japonica 'Rubella'
ライムグリーンのは、
     Skimmia x confusa 'Kew Green'  


[PR]

by lapisland2 | 2012-01-22 20:53 | Shrub | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/14489974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by するめ at 2012-01-25 20:32 x
葉っぱも蕾もおまけの実もいいですね。こんな感じの植物は大好きです。
そうそう、Lapisさんの秋の「ツリバナ」があまりにも美しかったので悩んだ末、小さな苗木を買いました。花がさくのは4~5年先かしら?
Commented by lapisland2 at 2012-01-29 05:11
するめさん、
お返事遅れました。

イギリスの冬は、雨ばかりで、暗くてうっとうしいので、
冬の間を彩ってくれる植物は本当に慰めになります。

ツリバナもいくつか品種があるようで、
実はうちにあるのも、うっかりしてほしいと思っていたものとは別のものを買ったしまったんですよ。
本当は、もう少し葉の小さいものがほしかったのですけれどね。
ツリバナの花って、とっても小さい目立たない花で、
知らない間に咲いて知らない間に実が付いていることもよくあります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード