火のないところにスモークツリー



a0208116_23524136.jpg



a0208116_2353388.jpg



春から秋まできれいな葉色を楽しませてくれるスモークツリー。
病害虫もほとんど付かず、手の掛からないいい子です。
普通は剪定も必要がないくらいなのですが、
放っておくと5mにもなってしまうのと、風のきついこの辺りでは、冬に枝が折れてしまうので、
毎年剪定をして3mをキープするようにしています。

2年続きの厳しい寒さで、この春はなかなか新芽が出ず心配しましたが、
遅くに出始めた葉は例年よりもぐんと色が濃く、
今までにないほどたくさんの花をつけました。


a0208116_23545047.jpg



5月下旬、花の頃はこんな感じで、
あまりの花の多さに葉っぱが隠れてしまうほど。


a0208116_23552885.jpg


ウルシ科の植物なので、紅葉もとてもきれいですが、
燃えるようなオレンジ色に紅葉するのは、緑の葉っぱの方です。
このダークパープルの方は、ちょっと面白い紅葉の仕方をする
のですが、夏の暑さや秋の冷え込みにもよるので、
さて、この秋はどうでしょうかしら。



学名  Cotinus coggygria 'Royal Purple'
英名  Smoke Bush
和名  ハグマノキ(白熊の木)、 別名 スモークツリー

[PR]

by lapisland2 | 2011-07-07 00:10 | Shrub | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://lapis2.exblog.jp/tb/13035797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード